1. 町田市の葬儀社、斎場
  2. 南多摩斎場
  3. サポート相談事例13

「中立的な立場で、自分に合った葬儀社を選びだしてくれそうだった。」

  • ご長女からの事前相談
  • 南多摩斎場
  • 一日葬
  • 会葬者26名
  • 仏式

サポート相談事例13:南多摩斎場 (

  • ご相談対応
  • 松本明子

 病院から「葬儀社を決めておいてください」と言われても、初めて葬儀を出さなければならない状況になってしまわれた方には、数多くある葬儀社からご自身の状況やご要望に合う葬儀社を見つけ出すことは、とても難しいことのように思います。

 今はネットですぐにたくさんの葬儀社を検索することはできますが、検索欄にご自身の地域を入力しても、近隣の葬儀社であるように表示されているだけで、本当の拠点は全く違う地域にあることもありますし、ホームページだけでは担当者がどのような人なのかもわかりません。

 このご相談は、夜にフォームからお問い合わせをいただいたところから始まったのですが、翌日、やり取りをしている途中の段階にご容態が急変し、急いで葬儀社を決めなくてならなない状況になったため、その後、電話やメールで2社の見積りの比較などをお手伝いさせて頂き、担当者がどのような人なのかなどの説明をしながら、ご納得されて1社をお選びになりました。

 ご葬儀後、担当者から「とてもお優しいご家族様でした、その後小さいお仏壇もご購入いただきました。」と報告がありました。

 ご葬儀後も頼りにされていることに、こちらも安心いたしました。

ご相談者:ご長女(お父様は80代)

初回コンタクト時 夜、ご相談フォームから御相談を頂きました。
ご相談内容を確認し、ご相談者からのご質問の回答や、センターからの追加質問などを記入したメールを夜のうちに返信いたしました。
葬儀社紹介 翌朝、センターからのメールをご確認いただいたうえで、お電話をいただき、詳細に伺ったご要望や状況から、賛同葬儀社2社より概算見積書をセンターで取り寄せて、葬儀社のご紹介とあわせてメールでお送りすることになりました。
概算見積書提出 同日のお昼ごろ、ご容態が急変されたとのご連絡をいただき、早急に見積もりをメールでお送りし、ご検討いただくことになります。
葬儀社決定 見積り到着後、電話やメールで見積もりの比較などをサポートさせていただき、1社にお決めになりました。
葬儀社とのコンタクト ご逝去され、ご相談者が葬儀社へ連絡、葬儀をご依頼されました。
ご安置 葬儀打ち合わせ 本見積書提出 寝台車が病院へお迎えにあがり、安置所へ搬送、ご安置のあとに葬儀打ち合わせを経て本見積書の提出となりました。
納棺 4日後、安置所にて古式湯灌・納棺が行われました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
1日前 初回コンタクト ご相談フォームよりお問い合わせを頂く
半日前 葬儀社紹介概算見積書提出 お電話とメールでやりとり、葬儀社2社のご紹介と概算見積書の提出
数時間前 葬儀社決定 センターとのやり取りにより、1社をお選びになる
ご逝去 ご逝去時点 夕方、市内の病院にてご逝去される
同日 葬儀社とのコンタクト ご相談者が葬儀社へ連絡、ご依頼になる
搬送ご安置本見積書の提出 寝台車がお迎えに行き、安置所にご安置。打ち合わせを経て本見積書の提出
4日後 納棺 安置所にて古式湯灌・納棺の儀を行う
7日後 ご葬儀 南多摩斎場にて告別式のみの一日葬、ご火葬

施行内容(一日葬/仏式/南多摩斎場)

喪主 ご相談者はご長女の方でしたが、喪主は故人様の奥様がおつとめになりました。故人様の奥様
規模/会葬者数 ご相談当初は二日間のご葬儀と一日葬で迷われていましたが、お母様やご親族のご負担を考慮して一日葬にお決めになりました。通夜にあたる日は葬儀は行いませんでしたが、ご遺族は斎場で故人様とご対面されました。一日葬:告別式/家族親族23名、一般会葬者3名
宗教 菩提寺がないため、葬儀社より紹介のご僧侶に読経していただきました。仏式:曹洞宗
斎場 斎場についてはよくわからないとの事でしたので、センターや葬儀社から提案させて頂きました。南多摩斎場
葬儀費用 供花、お布施を除いた、葬儀にかかった総額です。 約65万円
南多摩斎場での生花祭壇 生花祭壇のデザインは葬儀社にお任せになりましたが、花の色はご希望に合わせて作って頂きました。

南多摩斎場とサポート相談事例

南多摩斎場の斎場説明は 南多摩斎場 へ