1. トップページ

葬儀社紹介の目的

当センターの目的は、「適切な葬儀社選びで、葬儀を前にした不安を取り除いてもらう」ことです。

万が一のとき何をどうすればいいのか・・、費用はどれくらいかかるものなのか・・、葬儀費用〇〇万円で追加費用なしと言っているが本当か・・、葬儀社や斎場はどのように決めていけばいいのか・・、事前準備はしたいけれども直接葬儀社に相談に行くのは気がすすまなない・・、こちらの不安や無知につけこまれて足元をみられるのではないか・・などなど。

こうした不安は誰もが持ちますが、センターは、それぞれの状況に応じて、不安を取り除いてもらえるよう適切にサポートいたします。そして、センターがご依頼者と葬儀社の間に入ることにより、たとえ、ご依頼者が葬儀に関する情報を持たない中で葬儀社とやり取りをしても足元を見られることのないような仕組みにし、不安なく、そして後悔のない葬儀をあげられるようにしています。 なぜ、第三者の紹介センターが必要とされるのか

葬儀屋さんのお葬式現場を確認
▲紹介社の施行現場を担当者が確認

葬儀のよしあしは葬儀社で左右される

現状の葬儀において、葬儀社の果たす役割がますます大きくなってきています。ご依頼者にとって「よい葬儀」にすることができるかどうかは葬儀社(および担当者)選びにかかっているといっても過言ではありません。しかし、選択は大変難しいものです。葬儀社の果たす役割と葬儀社選びが難しい理由

非営利第三者機関として適切な葬儀社紹介

センターが紹介する葬儀社は、一定の基準をクリアし、なおかつそのエリアで実績のある賛同葬儀社だけです。どんな葬儀社でも賛同葬儀社になれるわけではありません。この中から、ご相談者の要望に合う社を結びつけられるようにします。もちろん、センターを通したからといって葬儀費用が高くなることはありません。賛同社について 

もっとも、気の利いた他の紹介センターでもそれぐらいのことはやってくれるのでは? と思われるかもしれません。しかし、相談員による相談型(オペレータ型ではない)、顔の見える範囲での葬儀社紹介(データベースマッチングの全国型ではない)、トラブル防止の仕組み(紹介しっぱなしではない)、非営利第三者機関として運営していることなど、他にはない特徴を兼ね備えていると思っています。他業者との違い(選ばれる理由)

調べれば調べるほど混乱?

「ネットでの調査では葬儀社の実力を見極めるのは不可能」「ネットでの情報の収集に限界を感じた」「市民葬のリストに葬儀社がたくさんありすぎてどこを選んでいいかわからない」「調べれば調べるほど混乱した」・・・など、当センターを利用した理由をお聞かせいただいたことがあります。情報を集めようと思えば簡単にいくらでも集められるかのようなインターネットの時代です。そして、情報があればあるほど適切な判断に近づけるかのような雰囲気をもたらしましたが、そう簡単にいかないのは現実が示す通りです。

サポート地域概略図
▲サポート地域概略

情報氾濫の中、情報を整理しアドバイスを行う相談員の役割は、小さくなるどころかますます存在意義で出てくるものと思っています。葬儀相談員 

いずれにしましても、葬儀で後悔しないように、斎場や葬儀社と直接に交渉する前に、安心してご活用いただければと思います。

新着情報

新型コロナウイルスに対する対応について
新型コロナウイルスによる感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。当センターでは、ご依頼者の健康と安全、安心を第一に考え、それぞれの状況および、お聞きしたことを踏まえた上で、適切な葬儀社を紹介いたします。
ご相談者の声
常に冷静にふるまっていただき、不安もなく、お任せしました。細やかな心配りをいただきありがたかったです。あさがお様のお勧めでありましたので、比較は致しませんでした。大変満足しております。おちついた式場でした... (more)
サポート相談事例
「御葬儀後、ご相談者から早速にお礼のメールをいただきました。 「この度は幾つも頭の下がるご対応を頂きましたが、中でもうれしかったのは、菩提寺の御住職に読経をいただけたこと」との由。御相談当初はご高齢で体力に自信がないとおっしゃる御父様のご意向を気遣い、直葬も視野に入れていらっしゃいましたが、その後、せめて読経で供養したいというお考えに代わりました... (more)
葬儀相談員日記ブログ
後戻りはありません・・・?
今日もテレビ画面から医療従事者の切迫した声が聞こえてきました。それに反し、一方で若者の他人事のような行動も相変わらず目に付きます。時短要請で飲食店から閉め出された若者達は、路上での飲み会を続行し、中にはマスク無しでラッパ飲みをしながら騒ぎ立て、周りの大人達のひんしゅくをかっても、我関せずの様子がテレビで大写しされている昨今ですが、当の若者達が最近はテレビを見ないという皮肉な現象も、世相を反映しているかのようです。...(more 別窓)
コロナ禍の中、担当者からの助言
最近はコロナ禍のせいにして、あなた任せの御葬儀で済ませてはいませんか?コロナ終焉後、こんなはずではなかった。本当はこんなお見送り方をしたかったと悔やんでも、やり直しはききません。昔から「後悔先に立たず」とはよく言われていますが、今こそ、この言葉が当てはまるのは・・・。ネットで検索された御葬儀情報を鵜呑みにして、言われるまま葬儀社さんのレールに乗り、終了後の請求書をご覧になりビックリと言うケース等も以前から伺ってはおりました...(more 別窓)
御葬儀に間に合わない・・・。
先日、特別養護老人ホームの成年後見人をされている方から、御相談を頂きました。担当されている方の中で、看取りの段階の方がお1人いらっしゃいますが、万が一の際、唯一ご連絡できるお身内の方は海外在住で、日本にいらっしゃらないとの由。情況は刻一刻と切迫してきていますが、コロナ禍の中、海外でのお仕事を中断するわけには行かず、また知らせを受けてすぐに、帰国できるかどうか微妙な段階とのことでした ...(more 別窓)