あさがお葬儀社紹介センター

ご相談者の個別な状況に対応できる相談型・提案型の葬儀社紹介センターです。NPO法人(非営利第三者機関)による運営方式の草分け的存在として、2004年の設立以来、地道な活動を続けています。

  • お急ぎの方は、慌てる必要はありませんので、お電話下さい。事前に葬儀社を検討されたい方は、各内容へお進み下さい。
  • 事前相談する状況やお気持ちでない方は、サポートの必要性が高まった時にご相談いただければと思います。
  1. 現在位置:
  2. トップページ

葬儀社紹介の目的

 当センターの目的は、「適切な葬儀社選びで、葬儀を前にした不安を取り除いてもらう」ことです。

 万が一のとき何をどうすればいいのか・・、費用はどれくらいかかるものなのか・・、葬儀費用〇〇万円で追加費用なしと言っているが本当か・・、葬儀社や斎場はどのように決めていけばいいのか・・、事前準備はしたいけれども直接葬儀社に相談に行くのは気がすすまなない・・、こちらの不安や無知につけこまれて足元をみられるのではないか・・などなど。

 こうした不安は誰もが持ちますが、センターは、それぞれの状況に応じて、不安を取り除いてもらえるよう適切にサポートいたします。そして、センターがご依頼者と葬儀社の間に入ることにより、たとえ、ご依頼者が葬儀に関する情報を持たない中で葬儀社とやり取りをしても足元を見られることのないような仕組みにし、不安なく、そして後悔のない葬儀をあげられるようにしています。  → なぜ、第三者の紹介センターが必要とされるのか(別窓)

葬儀屋さんのお葬式現場を確認
▲紹介社の施行現場を担当者が確認

葬儀のよしあしは葬儀社で左右される

 現状の葬儀において、葬儀社の果たす役割がますます大きくなってきています。ご依頼者にとって「よい葬儀」にすることができるかどうかは葬儀社(および担当者)選びにかかっているといっても過言ではありません。しかし、選択は大変難しいものです。 → 葬儀社の果たす役割と葬儀社選びが難しい理由(別窓)

非営利第三者機関として適切な葬儀社紹介

 センターが紹介する葬儀社は、一定の基準をクリアし、なおかつそのエリアで実績のある賛同葬儀社だけです。どんな葬儀社でも賛同葬儀社になれるわけではありません。この中から、ご相談者の要望に合う社を結びつけられるようにします。もちろん、センターを通したからといって葬儀費用が高くなることはありません。 → 賛同社について(別窓) 

 もっとも、気の利いた他の紹介センターでもそれぐらいのことはやってくれるのでは? と思われるかもしれません。しかし、相談員による相談型(オペレータ型ではない)、顔の見える範囲での葬儀社紹介(データベースマッチングの全国型ではない)、トラブル防止の仕組み(紹介しっぱなしではない)、非営利第三者機関として運営していることなど、他にはない特徴を兼ね備えていると思っています。(詳しくは、他業者との違い(選ばれる理由) のページ)

調べれば調べるほど混乱?

 「ネットでの調査では葬儀社の実力を見極めるのは不可能」「ネットでの情報の収集に限界を感じた」「市民葬のリストに葬儀社がたくさんありすぎてどこを選んでいいかわからない」「調べれば調べるほど混乱した」・・・など、当センターを利用した理由をお聞かせいただいたことがあります。情報を集めようと思えば簡単にいくらでも集められるかのようなインターネットの時代です。そして、情報があればあるほど適切な判断に近づけるかのような雰囲気をもたらしましたが、そう簡単にいかないのは現実が示す通りです。

サポート地域概略図
▲サポート地域概略

 情報氾濫の中、情報を整理しアドバイスを行う相談員の役割は、小さくなるどころかますます存在意義で出てくるものと思っています。 (詳しくは、葬儀相談員 のページ)

 いずれにしましても、葬儀で後悔しないように、斎場や葬儀社と直接に交渉する前に、安心してご活用いただければと思います。

新着情報

サポート相談事例 New !
入院中のお父様の病状が思わしくない状況を主治医から告げられ、万が一を考慮されて、御相談を頂きました。御相談では当初、御要望として直葬の形を取り、御家族だけで質素に執り行いとの事で、ネット上での格安料金を謳っている金額をご提示いただきましたが、格安料金の場合、その他として ... (more)
ご相談者の声 New !
とてもていねいにご対応いただき、感謝しています。火葬まで数日間、預っていただいたのは大変助かりました。(同社にした理由)見積り書がわかりやすかったため。また、時間がない中ですぐに見積っていただけたため。午前中の早い時間だったためか、ロビーに他人がいなかったのがよかったです。古い建物かと思っていましたが、内装はきれいでした... (more)
葬儀相談員日記ブログ

明日から連休に入るという前の晩のことでした。永年音信不通のお兄様が危篤状態との連絡をいただいたが、どうしたらよいものか。お兄様は生活保護を受けていらっしゃるとの事ですが、福祉事務所は連休に入り、生活場所も離れており、お世話になっている民生委員の方やケースワーカーの方もどなたか分からない状態で、どう対処したらよいのか。また、相談者自身も最近まで生活保護を受けており、現状ではお兄様のお引き取りもままならない状態で、途方に暮れているとの切羽詰まったご相談をいただきました...(more 別窓)