1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀の種類
  4. 仏式の葬儀

仏式の葬儀

  • 仏式の葬儀といっても宗派がさまざまあり、読経のあげ方や飾りつけ方など異なる場合があります。
  • お布施と菩提寺との関わり方が、仏式の葬儀をする上で分かりづらいところです。
  • 仏式の葬儀では、菩提寺の僧侶に来てもらうことを第一に考える必要がありあます。
  • どのクラスの戒名にするかは、家で代々つけているものに揃えるのが一般的です。
  • お布施は、お寺さんとのつき合いの度合いによって一概には言えませんが、金銭的に余裕がなければ直接事情を話し相談するのが賢明です。

仏式の葬儀 〜お布施と菩提寺との関わりか方〜

 仏式と一口に言っても、真言宗や曹洞宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、日蓮宗など様々な宗派がありあます。それに応じて焼香や礼拝、読経のあげ方、飾りつけなど、それぞれに異なるところがあったりします。
それゆえ、葬儀に先立ち、どの宗派であげるかを確認しておくことは大事なことです(宗派を確かめる方法はページ最後のほうに書きます)。逆に、宗派さえわかれば流れ的には問題はおきないので、ここでは、各宗派ごとに説明をするというより、仏式の葬儀をするにあたって、センターがよく質問を受けたり、教えて欲しいと言われること、具体的には、菩提寺との関連とお布施について説明してみたいと思います。
こうしたことが分かりづらいのは菩提寺との関係が、特に都会では弱くなってきているためと言えるでしょう。

仏式の葬儀 〜戒名は菩提寺からいただく〜

 葬儀のとき、お寺選びを間違えますと面倒なことになります。納骨のとき、戒名を付け直さないといけない事態にもなりかねません。
たとえば、菩提寺が遠くにあり葬儀のとき連絡をしないで、葬儀社に近くの僧侶を紹介してもらい戒名をもらってしまった場合、いざ菩提寺に納骨しに行っても納骨させてもらえません。戒名は菩提寺からもらう必要があります。

 それゆえ、菩提寺がたとえ遠くても、葬儀は菩提寺の僧侶に来てもらうことを第一に考える必要があります。菩提寺に連絡して、来てもらえないような場合は、同じ宗派の近くのお寺さんを紹介してもらったり、それもダメな場合は、葬儀社に僧侶を紹介してもらうという順序で考えていきます。葬儀のとき、菩提寺から戒名だけもらうことができれば、紹介してもらった僧侶には、その戒名で読経していただきます。菩提寺からの戒名が間に合わないような場合は、紹介してもらった僧侶には俗名で読経だけしてもらうということになります。つまり、葬儀は俗名のまま、戒名は納骨の時につけてもらうというケースです。

 ただし、菩提寺もなく、霊園に納骨するというような場合で、仏式で葬儀をあげたいときは、葬儀社に相談し僧侶を手配してもらうことになります。それでも戒名をつけてもらうような場合は末永くお付き合いできるお寺からもらうのが賢明です。

 戒名をもらう時期は、葬儀の時に使う白木の位牌に戒名を書く必要がありますので、納棺のときまでにはもらいたいものです。

 ところで、戒名を死者につける名前と思っている人も多いのですが、それは違います。戒名は本来、仏教信徒になった証です。つまり、仏教で言う五戒や十戒、具足戒、菩薩戒などの戒(仏門に帰依した人が守らなければならない約束)を受けたものだけに授けられる名前なのです。
戒名には、信士(信女)、居士(大姉)、院居士(院大姉)といったクラスがあり、お寺への貢献度によって決まりますが、それぞれ、かかる費用も違っているのが現状です。どういったクラスのものをつけるのかというと、家で代々つけているクラスに揃えるようにするのが一般的です。先祖が居士であれば、同じ居士のクラスにするというところです。なお、浄土真宗では戒名を授けるという考え方がないので法名、日蓮宗では法号と言います。

お布施の相場

 菩提寺がある場合、つき合いの度合いによってまちまちなので一概には言えません。それぞれの関係により千差万別です。もっとも、お布施は、こころざしですから、施主の器量でできる範囲でいいのですが、あまりに相場から離れると、先の付き合いに影響が出るかもしれません。どうしても金銭的な余裕がなければ僧侶に相談するのがよいと思います。

 葬儀社が僧侶を紹介する場合、宗派や地域、格式、お寺を持っているかどうか等によって違いますが、大体の相場はあります。
以下はあくまで参考としてですが、都心部において葬儀社が紹介した場合のお布施(読経と戒名をあわせて)について示します。

  • 信士(信女) 20〜30万円前後
  • 居士(大姉) 30〜50万円前後
  • 院居士(院大姉) 50〜80万円以上

 ちなみにお布施について、読経料や戒名料という言い方がされることがありますが、それは間違いです。お布施は売り買いではないので、料金ではなく、あくまで、こころざし(お礼の気持ち)という意味合いです。もともと、お布施は字のごとく布を施すということです。その布(反物)で僧侶が身につける袈裟を作っていたということからきています。もちろん現代のお布施は現金です。

位牌に書かれている戒名の文字を見ると宗派がわかる

 ページの最初で、葬儀に先立ち、どの宗派であげるかを確認しておくことは大事であると書きましたが、自分の家が何の宗派であるか分からない人も多いと思います。 
仏壇がある場合、本尊や位牌に書かれている戒名の文字を見ると宗派がわかります。例えば、戒名には宗派によって特別な字が使われているからです。以下が一例です。ただ、本尊と位牌を見れば、普通に教育を受けている葬儀社の人なら宗派は分かりますので、心配する必要はありません。仏壇がないような場合、田舎の親戚に問い合わせてみるのも一つの方法です。

  • 浄土宗では「誉」。
  • 浄土真宗は「釈」。
  • 日蓮宗は「日」のほか、男性には「法」、女性には「妙」。
  • 真言宗は、位牌の一番上に梵字。

当センターでの仏式葬儀サポート事例を検索