1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 東京の葬儀
  4. 府中市の葬儀社、斎場
  5. 多磨葬祭場
  6. サポート相談事例2

自宅葬/無宗教/多磨葬祭場

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2013年8月

  • ご相談対応
  • あさがおアドバイザー
  • 松山悦子

1人住まいのお母様のご逝去で、ご長男様はご自宅にお連れしてご家族・ご親族の皆様と最後のお別れをされるお気持ちでしたが、柩がご自宅マンションのエレベーターのサイズに合わず、まして医務院で解剖されたお体を階段で運ぶのは不可能な状態で、自宅でのお別れを断念せざるを得ない中、窮地を救ってくださったのは、ご長男様の奥様のご実家でした。

お母様の血縁ではないご親戚のご自宅にいきなりご遺体を運び、火葬日までご安置され, その間お母様サイドのご親族の方々がお別れにお見えになられることに、葬儀社さんの担当者も思わず念をおされたが、ご実家の皆様は淡々と受けとめて特別なこととはお考えにならなかったご様子との報告を受けています。ご実家の皆様の思いやりには関係者一同大いに感謝されたことと思います。 火葬のみですが、担当者もご安置の際、どなたがお出でいただいても、何時でもご焼香ができるようにしておいたとのことです。

ご相談者:ご長男(お母様は80代前半)

初回コンタクト時  お知り合いの方からNPOで葬儀社の紹介をしているところがあるとの情報を得て、インターネットで調べ御社におかけした次第ですとの電話をいただきました。
今朝方、1人住まいのお母様がご自宅で亡くなられ、現在身柄は最寄りの警察にお預かりされていらっしゃいますが、署から明朝にはお迎えにきてほしいとの連絡が入り、搬送からのことをお願いできる葬儀社さんのご紹介をとのご要望でした。
ご相談者のご自宅に搬送し、故人様はご高齢で付き合いがないので、ご家族・ご親族とお世話になったヘルパーさん等の関係者にお集まりいただき、お別れだけをして、ご自宅から火葬場へ直行するような形になる可能性が大きいとのお話でした。
葬儀社紹介 ご相談者のご自宅が練馬区でしたので、練馬区近辺で直葬や小規模のご葬儀を得意とし、臨機応変な対応が評判の賛同葬儀社さんを1社ご紹介し、ご相談者のご希望で、葬儀社さんの方からご連絡する形をとりました。
葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 当方から賛同葬儀社さんに事情を説明し、直ちにご相談者に連絡をしていただきました。 ご相談者はまだ故人様とお会いされていない状況で、警察の介入に少々混乱されていらっしゃるご様子もあり、明朝9時から10時の間にお引取りを署から言われたとご説明されたが、担当者は指定時間を疑問視し、明朝署に出向いて、状況を把握した上で、どのようにするかをご相談する旨説明し、後のことはお任せいただき、まずはご安心していただくよう申し上げたとの由。
搬送 ご安置 翌朝担当者が警察に出向くと、故人様は外傷がないので、これから大塚の医務院に運ばれ、解剖がほどこされ、処置が終わってからご自宅への搬送となる旨の説明があり、搬送業務は医務院が担当になりました。 当初、搬送先はご相談者のご自宅を希望されていらっしゃいましたが、集合住宅のエレベーターが柩のサイズに合わないことが判明し、階段も狭く、運ぶ為には柩を直角にするしか方法がなく、これでは解剖後のご遺体を運ぶには無理との判断で、ご相談の結果、急遽、東京都下のご相談者の奥様のご実家へと搬送先が変更され、こちらでのご安置になりました。
本見積書提出 東京・大塚の医務院から都下にある奥様のご実家へ搬送をされた翌日、練馬のご相談者のご自宅にて本見積の打合せに入りました。火葬場も都内ではなく、多磨葬祭場に決まり、こちらでの火葬式になりました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
ご逝去 ご逝去時点 お独り住まいでご自宅でのご逝去。
同日 初回コンタクト 夜8時頃、ご長男のご相談者から賛同葬儀社さんのご紹介希望との電話。 故人様は現在検視の為、警察預かりとされている。明朝引き取り、火葬のみの可能性大とのこと。
葬儀社紹介 ご相談者のご自宅の練馬区に搬送希望とのことで、近くの小規模なご葬儀を得意とする1社紹介。
葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 賛同葬儀社から直接のご連絡を希望。担当者はご相談者からお話を伺い、明朝指定時間に警察に出向き、状況を把握した上で対処する旨知らせる。
1日後 搬送 検視の結果、医務院での解剖となり、搬送は処置後、医務院扱いとなる。
ご安置 搬送先は都下のご相談者の奥様のご実家に変更され、こちらにて2日間ご安置。
2日後 本見積書作成 火葬場が多磨葬祭場になり、本見積書作成。
3日後 ご葬儀 安置先でご焼香とお花入れのお別れをされ、多磨葬祭場では火葬のみ。

施行内容(家族葬/無宗教式/自宅葬)

規模/会葬者数 ご相談者のご自宅で故人様とかかわりのあった方だけのお別れを希望されましたが、エレベーターに柩が乗れないために、急遽、都下の奥様のご実家へと搬送先が変更され、こちらでのお別れになりました。 火葬当日、お見送りの方は奥様のご実家でのご焼香の後、8名様がマイクロバスにて、さらにお1人が直接多磨葬祭場にて合流され、火葬式に臨みました。 家族葬9名
宗教 ご相談者からのご希望で、読経はせずに、お別れにお見えいただいた方にはご焼香をしていただきました。 無宗教
斎場 当初は練馬のご相談者のご自宅にてお別れのご予定で、火葬場は都内を想定していましたが、急遽、ご相談者の奥様の都下のご実家にご安置をお願いすることになり、火葬場もご安置の変更に伴い、多磨葬祭場に決まり、搬送2日後の火葬式になりました。 また、一般的な「最上等」の火葬炉が半数近く工事中のため、火葬までに日にちがかかることが判明し、ワンランク上の特別室での火葬になりました。 ご自宅、多磨葬祭場(火葬)
葬儀費用 火葬プラン+火葬特別室+会葬返礼品代+霊柩車代+マイクロバス代+ドライアイス追加分+お別れ花代+浴衣代(医務院にて着用分)。 火葬のみですが、安置先から多磨葬祭場往復のマイクロバス代と霊柩車代がかかりました。 約36万円
多磨葬祭場 多磨葬祭場・火葬棟は正面玄関のエントランスホールから特別殯館、特別室と続き、一般的な最上等とは入口が別になっております。火葬時、最上等が工事中のため、特別室のご利用となりました。

施行後の、ご相談者からのアンケート

当センターへの口コミ
当センターへの感想
(画像クリックで拡大)
葬儀社と斎場への口コミ
葬儀社、斎場への感想
葬儀社について
担当者さまより真心のこもった親身のアドバイスをして頂き、お通夜の夜中に、そのアドバイスをしっかりと取り入れた故人とのお別れをすることができました。儀礼的な葬儀になってしまわず、近親者で気持ちを込めたお別れができ良かったと思っています。
葬儀社選択の理由(複数社を比較された場合等)
あさがおセンターよりの信頼でき経験豊かな社といことで紹介されたので。
当センターを利用した理由について
喪主の妻の姉が葬儀についての本をもともと持っていて、その本の中で「あさがお」が載っていた。実質的にあまり意味のない様なことに高額な金額をかけることはしたくないという考えがあったのと、全く突然の不幸で真夏で時間的にもゆうよが無い状況で、信頼できそうと感じすぐに決めた。
当センターを利用した感想について
今回私どもの場合は、あちらこちらの葬儀社を比較せずに相見積もりなど一切せずにとにかく1社に絞ったが、もしたとえば3社位とか葬儀社を紹介してくれるとしたら、その各会社の特徴や長所を教えてもらうと良い。
お勧め理由について
元々平素は、私自身あさがおセンターのことは無知であって、今でも大してあさがおセンターについてあまり知らないですが、良心的な電話対応をして下さいましたし、助かったと感じております。
お勧め度合い
葬儀社:機会があれば勧めたい|当センター:機会があれば勧めたい
(アンケートの日付が1月なのは、アンケートへのご協力を再度お願いしたことによります)

多磨葬祭場とサポート相談事例

多磨葬祭場の斎場説明は 多磨葬祭場 へ