1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀の種類
  4. 直葬(火葬式)

直葬(火葬式)

  • 通夜・告別式などの式を行わず、火葬のみで送る葬儀の方法です。
  • 葬儀式がないので最低限の費用で行うことができます。
  • 宗教者の意向や、家族・親族などの意向の調整が必要になる場合があります。
  • 葬儀社は、小規模な葬儀でも親身になって対応してくれるところを選ぶとよりよいでしょう。

直葬はご葬儀において一番シンプルな送り方です。

 直葬とは、通夜・告別式などの葬儀式を行わず、火葬のみで行うご葬儀のかたちです。

 式場を利用せずに、ご安置から直接火葬というシンプルな流れになりますので、式場費や祭壇等の葬儀式をするための費用がかからないことから、最低限の費用で行うことができ、また、式場の混雑に左右されることがないため、待ち日数が少なく、最短の日数で行うことができます。

直葬で気を付けたい注意点

 費用を抑えることができ、待ち日数も少なくて済む直葬ですが、それゆえに注意点もあります。

 直葬でのご葬儀は、シンプルな分、ゆっくりとお別れをする場がないという点があります。融通のききやすい葬儀社の安置所などではご出棺前に少し時間を作ってお別れができるような対応をしてくれるところなどもありますが、そのような対応ができない場合には、お別れに使える時間は火葬場にてご火葬前の10分程度となる場合が多く、慌ただしかったと印象をもたれる方もいらっしゃるようです。

 また、お別れができなかったご親族や知人等が、葬儀後の慌ただしい時期にお線香をあげさせてほしいと自宅に来られることなども考えられますし、「最期のお別れをしたかった」など、後から言われてしまうことも起こりえます。また、ご親族などに「葬儀は通夜・告別式で行うべき」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 後になっての感情的なしこりなどを事前に回避するためにも、できれば、関係者の方には事前に直葬で行うことをご了承していただいておくことをお勧めいたします。

 そして、菩提寺様がある方が直葬を希望されている場合には、直葬で行う意向であることを菩提寺様にご相談されることをお勧めいたします。

 仏教では、お通夜・告別式の両方に意味があり、ご葬儀は2日間で執り行うものとの考えがありますので、菩提寺様に無断で直葬でご葬儀をされた場合、菩提寺様との関係が悪くなったり、ご納骨の時点で納骨できないなどのトラブルが起こる可能性もでてきます。

 ですので、菩提寺様にも事前に事情を説明し、理解を得ておくことをお勧めいたします。

よりよい直葬(火葬式)にするために

 よりよい直葬(火葬式)にするためには、葬儀規模の大小にかかわらず、丁寧に対応してくれる 葬儀社を選ぶことが大切です。直葬を選ばれるには、それなりの事情等があることも多いので、親身になって対応してくれるような葬儀社を選ぶことは安心につながります。

当センターでの直葬(火葬のみ)サポート事例を検索