1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. サポート地域
  4. 目黒区の葬儀社、斎場

目黒区の斎場,相談事例,口コミ(葬儀社/斎場)

  • 斎場と葬儀社にも得意・不得意があります。これを理解することが、より満足度の高い葬儀につながります。
  • 葬儀には、宗教による違いから、直葬や一日葬、家族葬、区民葬・市民葬、生活保護(葬祭扶助)の葬儀、一般葬、社葬にいたるまで、さまざまな種類があり、そして地域事情もあります。
  • それゆえ、ご相談者の要望に適した、斎場と葬儀社選びが大事になってきます。

セレモニー目黒 (区営、目黒区八雲)

セレモニー目黒
セレモニー目黒の詳細ページへ

セレモニー目黒概略

セレモニー目黒は目黒区営の斎場で、ご自宅の代わりになるような葬儀場を目的として建てられました。従いまして個人葬のみで社葬や組合葬などはできません。利用できるのは故人又は喪主が目黒区在住の方です。

住所 目黒区八雲1-1-9
対応規模 式場はイス席42名。洋室はイス席約30名、立食形式で40名位、お清め所や会葬者控室として利用できます。和室は6畳の親族控室と3畳の僧侶控室があり、通夜の仮眠室にも利用されます。仮宿泊は特に人数制限はありませんが、4名位が限度です。
対応宗教 宗旨宗派を問わず、利用が可能です。
アクセス 東急東横線都立大学駅下車、徒歩7〜8分。

斎場と葬儀社の口コミ

斎場について

華美ではないが充分な施設で満足しております。ーサポート相談事例4よりー

斎場選択理由について

目黒区民でリーズナブルに利用できたため。ーサポート相談事例4よりー

葬儀社について

丁寧に対応していただいて大変感謝しております。
良い葬儀社を紹介いただき有難うございました。ーサポート相談事例4よりー

最高(☆☆☆☆☆)でした。又、お願いすると思います。担当者は若いというわけでなく、(表現方法)現役バリバリといった感じでした。ーサポート相談事例3よりー

葬儀社選択理由について(複数社を比較された場合等)

あさがおさんのオススメで見積りをとった際の対応が非常に良かったので。
費用もリーズナブルで安心して依頼できました。ーサポート相談事例4よりー

花祭壇が美しかった。ーサポート相談事例3よりー

口コミのあった実際の葬儀の概略は、下記のサポート相談事例でご覧いただけます。また、斎場への口コミも含めて、斎場の特徴については、セレモニー目黒 にまとめています。

臨海斎場 (5区共同運営、火葬場併設、大田区東海)

臨海斎場
臨海斎場の詳細ページへ

臨海斎場概略

火葬場併設のため、出棺後の車での移動がなく、全館バリアフリーが施され、火葬場と待合室へはエスカレーター、式場と会葬者控室へはエレベーターと斎場内の足の確保もスムースです。目黒区など5区内の方と、5区以外の方とでは使用料が異なります。

住所 大田区東海1-3-1
対応規模 斎場は1階に横並びのイス70席の4式場と2階にイス64席の各式場の会葬者控室、廊下を隔てて和室14畳のそれぞれの遺族控室からなり、式場1と2 、式場3と4はそれぞれパーティションで仕切られ、2室を使用しての大型葬にも対応しております。
対応宗教 宗旨宗派を問わず、利用が可能です。
アクセス JR山手線浜松町駅より東京モノレールに乗車し、流通センター下車後、徒歩7分ほどです。

斎場と葬儀社の口コミ

斎場について

臨海斎場での葬儀場が混み合っていたので、9日間も自宅待機をしました。
大規模な施設なのに、会場が4ケ所のみという点は不満でした。
個人的には故人(母)との最後の9日間は印象深い良い思い出になりました。ーサポート相談事例14よりー

斎場選択理由について

父が生前ここでやりたいと話していた為。ーサポート相談事例17よりー

葬儀社について

こちらの要望に対して親身に対応して下さった。説明が詳しく、いろいろな選択肢を与えて下さり、無駄な費用を削ることができた。ーサポート相談事例21よりー

葬儀社選択理由について(複数社を比較された場合等)

二つの葬儀社を紹介して頂きましたが、安さだけを目的とした場合はもう一社に決めたと思いますが、微妙なニュアンスでそうではない方を選びました。ーサポート相談事例14よりー

口コミのあった実際の葬儀の概略は、下記のサポート相談事例でご覧いただけます。また、斎場への口コミも含めて、斎場の特徴については、臨海斎場 にまとめています。

羅漢会館 (目黒区下目黒)

羅漢会館
羅漢会館の詳細ページへ

羅漢会館概略

羅漢さんの名前で親しまれている五百羅漢寺脇にあり、近くには目黒不動尊等がある都心の交通に便利な斎場です。羅漢会館は小ホールから大ホールまであり、さらに大ホール・中ホールとも分割使用が可能で色々な組み合わせができ、家族葬から社葬まで幅広く利用されています。

住所 目黒区下目黒3-20-11
対応規模 1階は小ホール(イス席30名)と広いロビー、2階は大ホール(イス席300名)、3階は中ホール〔イス席80名〕と親族控室(和室8畳・10畳・10畳)と僧侶控室からなり、式場も様々な組み合わせ方ができ、家族葬から社葬まで幅広く利用されています。
対応宗教 宗派を問わず、利用が可能です。
アクセス 東急目黒線・営団南北線「不動前」駅より徒歩約6分。

斎場と葬儀社の口コミ

斎場について

希望日程は、桐ケ谷斎場が混んでいたのでこちらにしたが、結果的に羅漢会館にしてとても良かったです。落ち着いた雰囲気の場所で、ロビーもゆったりとしており、20人〜40人くらいの家族葬には、とてもいいと思いました。何かあったら、またここを利用したいと思いました。当日は、当家族の葬儀のみだったこともあり、ゆったりとした雰囲気で、とてもよかったです。ーサポート相談事例2よりー

斎場選択理由について

紹介していただいた3社と会いました。他の2社もとても感じが良く、どこを選んでも間違い感じでしたが、(担当者)さんの人柄にひかれて決めました。ーサポート相談事例2よりー

葬儀社について

担当者さんには本当にお世話になりました。打合せ、通夜・告別式の司会進行、お料理、お花の手配など、あらゆることを、(担当者)さんが一貫して担当していただき、私たちは安心して葬儀をおこなうことができました。通夜・葬儀の際の司会進行、あらゆる気配りが本当に素晴らしかったです。通夜振る舞い、精進落としの料理も予想以上においしく、皆さんに好評でした。(紹介社)さんに頼んで本当に良かったです。また、次回、何かあったときは、(担当者)さんにお願いしたいです。ーサポート相談事例2よりー

葬儀社選択理由について(複数社を比較された場合等)

紹介していただいた3社と会いました。他の2社もとても感じが良く、どこを選んでも間違い感じでしたが、(担当者)さんの人柄にひかれて決めました。ーサポート相談事例2よりー

口コミのあった実際の葬儀の概略は、下記のサポート相談事例でご覧いただけます。また、斎場への口コミも含めて、斎場の特徴については、羅漢会館 にまとめています。

実相会館 (目黒区中目黒)

実相会館
実相会館の詳細ページへ

実相会館概略

羅漢さんの名前で親しまれている五百羅漢寺脇にあり、近くには目黒不動尊等がある都心の交通に便利な斎場です。羅漢会館は小ホールから大ホールまであり、さらに大ホール・中ホールとも分割使用が可能で色々な組み合わせができ、家族葬から社葬まで幅広く利用されています。

住所 目黒区中目黒3−1−6
対応規模 1階は小ホール(イス席30名)と広いロビー、2階は大ホール(イス席300名)、3階は中ホール〔イス席80名〕と親族控室(和室8畳・10畳・10畳)と僧侶控室からなり、式場も様々な組み合わせ方ができ、家族葬から社葬まで幅広く利用されています。
対応宗教 宗派を問わず、利用が可能ですが、一部、ご利用いただけない宗教があります。
アクセス 東急東横線、地下鉄日比谷線・中目黒駅下車。改札を出て前の道路(山手通り)を右方向に直進すると駒沢通りとの交差点に出ます。交差点にあるガソリンスタンドを囲むように正覚寺が続きます。会館は正覚寺の境内にあり、実相会館本館は山手通り正門側に、別館たちばなは駒沢通り御成門側になります。中目黒駅より徒歩5分ほどです。

大圓寺斎場 (目黒区下目黒)

大圓寺斎場
大圓寺斎場の詳細ページへ

大圓寺斎場概略

わが町の寺院斎場とうたっているように地域の方に利用していただき、緑があり、心のこもった有難うという場所を心がけ、ご家族が心から有難うといえる雰囲気を試みています、とご住職は話されました。
仏心閣大ホール式場と寂光殿の2つの式場があり、 寂光殿は平成18年6月に改装し、バリアフリーに配慮しています。

住所 目黒区下目黒1−8−5
対応規模 大ホールはイス席100名、会葬者200名程まで。寂光殿1階はイス席50名、2階は40名弱収容できます。
対応宗教 宗派を問わず、利用が可能です。
アクセス JR山手線、東急目蒲線、地下鉄南北線の目黒駅下車。中央口より駅前にある東京三菱UFJ銀行脇の行人坂を下る途中、駅より徒歩3分ほどのところにあります。

そのほか目黒区の斎場例

斎場名 所在地
圓融寺示真殿 目黒区碑文谷1−22−22
大聖院瑞峯殿 目黒区下目黒3−1−3
目黒区の方が利用することも多い、火葬場併設の斎場
桐ケ谷斎場 品川区西五反田5-32-20
社葬・団体葬などの大規模な葬儀に使われる目黒区近隣の式場
青山葬儀所 港区南青山2−33−20
増上寺 港区芝公園4−7−35

  この地域には上記のような斎場がありますが、どの斎場を選んでいいのか分からないような場合でも、センターおよび賛同社が適切に提案します。斎場は、会葬者数や宗教、費用、場所、交通の便、設備内容、格式、空き状況、などを考慮して選んでいくことになります。

 なお、葬儀社と斎場と火葬場の関係がよくわからないという方が多いと思いますので、こちらで解説しています。葬儀社と斎場と火葬場の関係

目黒区付近で、よい葬儀をするためには、適切な葬儀社選びが必要

 最近ではネットで目立たせる集客手法で、目黒区付近に店舗のない、遠くの葬儀社なども目黒区付近で葬儀をすることもあるようですが、土地勘がない上、式場の使い方を知らないとか、安置も遠くの場所に連れていかれてしまう、担当者と面談しようにも遠くのため面談に応じてくれない、など起こっているようです。

 こうした葬儀社を選ばないようにしたいものです。その上で、葬儀社にも様々なタイプがあることを理解しておくことが大事です。家族葬が得意なところもあれば、社葬が得意なところもあります。生活保護(葬祭扶助)の葬儀を主に手掛けているところもあります。個別の宗教宗旨専門の葬儀社もあります。

 よい葬儀にするため、適切な葬儀社をスムーズに選べるように、センターの相談員がご依頼者の話をお伺いしながら、内容と優先順位を整理していきます。内容は、1規模、2宗教、3場所、4予算、5内容(サービス提供能力や保有設備等)、6日程(事後の場合)です。

 たとえば、1の「規模」で言いますと、直葬や一日葬、家族葬、区民葬・市民葬、生活保護(葬祭扶助)の葬儀、こりんまり葬、一般葬会社役員の葬儀、合同葬、社葬のどのあたりを想定しているのかということになります。2の「宗教」でいいますと、仏式から神道(神葬祭)、キリスト教、友人葬、天理教、新宗教、そして無宗教・・・ということになります。

 この整理を通して、その要望によく応えられる可能性の高い賛同社から順に紹介していきます。