1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 東京の葬儀
  4. 目黒区の葬儀社、斎場
  5. セレモニー目黒
  6. サポート相談事例2

一般葬(経営者)/仏式/セレモニー目黒

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2014年後半

  • ご相談対応
  • 有賀知道

家業としての会社の経営者、小さい会社の経営者、そして、そうした会社の役員の方などのご葬儀は、会社の経費を使わずに、一般の方と同じように、ご家族が葬儀費用の一切を負担する一般葬となることが多いかもしれません。

葬儀費用を会社の経費で捻出する場合には「社葬」となりますが、 中小企業などでは、特に社葬のマニュアルなどもなく、また、なるべく会社の経費を使わないようにという配慮もあると思います。

ただ、一般葬といっても、会社経営者や役員を務められていた方のご葬儀ですので、会葬者も多く規模が大きくなる傾向になるようです。社葬ほどの決まりごとは多くはありませんが、それなりの対応が必要となりますので、そうしたことに慣れている葬儀社のほうが安心であることは間違いありません。

ご相談者:ご長男 (父親は70代)

初回コンタクト時

お父さまが品川区内の病院に入院されている状況でのメールフォームからのご相談でした。どれくらいの切迫状況かはお書きいただいた内容からはわかりませんでした。ご相談者もお父様もご自宅は目黒区です。セレモニー目黒で100人ぐらいの一般的な葬儀、自宅へのご安置、白木祭壇、というような内容です。

葬儀社紹介葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 フォームへの返信をしましたが、すぐに電話にてご連絡をいただきました。お父様の状況が、危ない状況になってきたので、急ぎで紹介して貰いたいということです。メールフォームの内容及び電話でのやり取り内容を踏まえ、3社を口頭で説明、そのうち1社とコンタクトする流れになります。特に、「内容をしっかりしたい、丁寧に対応してほしいというご希望」からその社を選択されました。紹介社から相談者に連絡を入れてもらいます。そのやり取りの後、数時間後に逝去されました。
搬送ご安置 同社が、品川内の病院からご安置場所である目黒区内の自宅へお連れし、葬儀当日までご安置されます。
本見積書提出 ご自宅への安置の後、自宅にて担当社と打ち合わせ、詳細な見積もりが作成されました。
ちなみに、打ち合わせにおいて、社の担当者は、「礼状作成の際、故人のお人柄やお仕事への姿勢への思いやりが強く感じられたご家族様のお気持ちを汲み取り、オリジナル文章礼状を作成しました。校正にも深く携わっていただき大変ご満足いただけたご様子でした。」と振り返っています。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容

半日前

初回コンタクト 深夜、メールフォームにて

メールフォームへの返信、その後、朝、ご相談者より電話にて、お父様の状況が、危ない状況になってきたので、急ぎで紹介して貰いたい、となります。

葬儀社紹介葬儀社とのコンタクト

メールフォームの内容及び電話でのやり取りにもとづいて、まず1社ご紹介、電話でやり取りしてもらう。

ご逝去 ご逝去時点 午後
同日 葬儀社決定 ご相談者が事前にコンタクトした紹介社に連絡、決定。社は式場と火葬場の日程をおさえる。
搬送ご安置 紹介社が病院へお迎え、自宅へ搬送、葬儀まで自宅にてご安置。
2日後 本見積書作成 内容詳細を決定し、本見積書提出
4/5日後 ご葬儀 セレモニー目黒にてお通夜/葬儀・告別式、桐ケ谷斎場にて火葬

施行内容(一般葬・経営者/仏式/セレモニー目黒)

規模/会葬者数 ご相談フォームには、会葬者の想定は70名ほどとなっていましたが、実際は、120名ほどになりました。故人様は家業として内装業を経営されており、その関係者やご長男の仕事関係の会葬者が多かったようです。一般葬(経営者):通夜130人、告別50人、家族親族30名
宗教 葬儀社紹介のご僧侶でした。お墓は、故郷である九州の集団墓地にありましたが、今後は供養の面を考慮し、都内近郊で墓地・納骨堂も考慮に入れるようです。仏式・臨済宗
斎場 家から近いとうことで、最初からセレモニー目黒とご指定でした。セレモニー目黒
葬儀費用 内容をしっかりしたい、丁寧に対応してほしいというご希望でした。費用にはお布施や飲食、返礼品を含んだ葬儀にかかわる総額です。約230万円
舟渡斎場での家族葬 白木祭壇の脇には供花が20基以上並びました。

セレモニー目黒とサポート相談事例

セレモニー目黒の斎場説明は セレモニー目黒 へ