1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 東京の葬儀
  4. 杉並区の葬儀社、斎場
  5. 堀ノ内斎場
  6. サポート相談事例10

「ご葬儀だけでなく、ご主人を亡くされた奥様のお気持も気遣う、ベテラン担当者の心意気。」

  • 事前の相談:奥様
  • 堀ノ内斎場
  • 一般葬
  • 会葬者169名
  • 仏式
  • 利用者の声あり

ご相談対応レポート、

  • ご相談対応
  • 松山悦子

新年早々に倒れられたご主人のその後の見通しが厳しいと、担当医からご指摘を受け、センターの事前相談ご相談フォームに奥様からお問い合わせいただきました。

ご主人からは万が一の時はご家族でだけでお見送りしてくれればと言われていたが、交友関係も広く、一方で家にいるのが大好きな寂しがり屋の方ですので、家族葬ではお友達にも悪いような気がして、どのようなご葬儀が適当なのか迷っていらっしゃるとのこと。

また、ご容態もはっきりしていない中でこのようなご相談をすること自体、躊躇されていらっしゃるご様子と揺れるお気持ちもお書きになられていらっしゃいました。

お気持ちのメールを読ませていただいた段階で、是非ご紹介さしあげたい女性のベテラン担当者が思い浮かびました。

ご相談者のご自宅近くの賛同社で、こだわりの生花祭壇へのご要望等もクリア出来、以前のご葬儀で、ご喪家のご要望を受け、ご相談者の娘さん主導のご葬儀を執り行った実績のある方です。

女性の担当者として、ご主人の大変な時期のお気持など、デリケートな部分も含め、相談に乗って頂ける方との思いを込めて、ご紹介させていただきました。

ご希望の堀ノ内斎場が混雑してご葬儀まで9日程お待ちしている間、担当者はご自宅にドライアイスの交換にお伺いし、その都度、お1人でご葬儀の準備をされる心細さや、プレッシャー、また揺れるお気持をお伺いし、じっくりお話し合いされたとの由。

ご葬儀後のアンケートでは、ご葬儀の説明だけではなく、ご葬儀までの間のお気持ちも色々気遣っていただき、大変ご満足されたとのご報告が届いております。

ご相談者:奥様(ご主人は60代、喪主も奥様)

初回コンタクト時葬儀社紹介 センターの事前相談ご相談フォームに奥様からお問い合わせいただきましたが、以後のご相談はメールでのやり取りではなく、お電話をご指定になりました。
入院中のご主人の見通しが厳しいとのことで、お気持が揺れる中、まだご存命でいらっしゃる方のご葬儀のご相談に躊躇されながらも、どのような葬儀社が適当かも分からないが、葬儀社が決まるだけでもお気持ちが落ち着くかと思われ、決心してメールされたとの由。
御気持ちをお察ししながら、ご指定のお時間に連絡を取らせていただきました。
お書きいただきましたことを踏まえ、お近くの賛同社をご紹介し、担当者の臨機応変な対応ぶりをお話申し上げ、是非ご面談されることをお勧めいたしました。
30年程前、お義母様のご葬儀の折は自宅からお出ししたので、家にいるのが大好きな主人も万が一の際は同様に我が家から見送りたいという思いもあるとのこと。 ご自宅での御葬儀は、柩の出入りやご会葬者数にもよりますので、お時間がございましたら、是非担当者に見て判断して頂くように、お願い申し上げておきました。
葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 電話でのご相談の折、ご相談者から「なるべく近いうちにご推薦いただいた社に連絡をいれます」とお話された翌日、お近くでしたので早速にご連絡を取られ、社を訪問されて、担当者とお会いになり、ご葬儀についてあれこれご質問をされたとの由。
ご自宅での御葬儀も視野に入れていらっしゃるとのお話でしたので、早速にその翌日には担当者がご自宅にお伺いし、ご自宅での御葬儀が可能か否かをチェックさせていただきました。
現状の会葬者数に対しての広さ等では特に問題はないが、今後増える可能性も有り、ご自宅での御葬儀の場合、お清めのお食事などで、奥様お1人で大勢の会葬者へのご配慮等も出て来て、よりご負担がかかることを考慮し、地元の火葬場併設の堀ノ内斎場を提案して、こちらをご検討頂くことになりました。ご相談されている中で、ご紹介した担当者を信頼いただき、葬儀社をお決めになられたご様子です。
搬送 ご安置本見積書提出 ご相談の後、暫く小康状態を保たれていらっしゃいましたが、一時帰宅の折、急変され、入院先の病院に運ばれてのご逝去でしたので、一旦最寄り警察での検視をお受けして、翌日再びご自宅にお戻りになりました。
お決めになられた堀ノ内斎場は混雑して9日程お待ちいただくことになり、ご遺体の保持の為、ご安置当日納棺の儀を執り行い、納棺された状態で、通夜当日までご自宅でのご安置となりました。
納棺の際は奥様、お嬢様立会いの下、お嬢様が見立てた服にお着替えになり、メイクもほどこされました。 搬送、ご安置の後、本見積りの内容等が決定され、提出されました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
6日前 初回コンタクト 入院中のご主人についてセンターのご相談フォームにご相談を頂く。
葬儀社紹介 ご要望に適した地元の賛同社を電話にてご紹介。

5日前

葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 翌日、賛同社に来社され、説明を受け、翌々日担当者がご自宅を訪問し、ご自宅での御葬儀の可能性等チェック。
ご逝去 ご逝去時点 病院にてご逝去後、警察にて検視。
1日後 搬送 ご安置 検視が済み、ご自宅に搬送後、通夜当日までご安置。
本見積書作成 ご安置、納棺後本見積りを作成
9/10日後 ご葬儀 堀ノ内斎場にて通夜、葬儀・告別式後荼毘に付す。

施行内容(一般葬/仏式/堀ノ内斎場)

規模/会葬者数 奥様はご主人から生前にお身内だけのお見送りで十分とのお話を伺っていましたが、ご主人は交友関係の広い方でしたので、皆様に最期のお別れをしていただくよう決断され、お仕事仲間や古くからお付き合いのあった町内の方々にも大勢ご会葬いただき、当初予定された倍以上の方々に見送られ、地元の堀ノ内斎場でのお別れとなりました。 一般葬 通夜:御家族御親族8名様、一般御会葬者110名様。 葬儀・告別式:御家族御親族様9名、一般御会葬者50名様。
宗教 ご主人のご実家の宗派とのことですが、葬儀社さんの方で手配したご住職に読経をお願い致しました。お墓は樹木葬をご希望とのことで、担当者からの助言とパンフレット等もお渡ししており、これからゆっくりお探しになる予定とのこと。仏式:浄土真宗大谷派
斎場 当初、ご自宅での御葬儀も検討されましたが、会葬者への対応やご準備等で奥様にご負担がかかるのを考慮し、担当者はご自宅近くにある火葬場併設の堀ノ内斎場を提案し、こちらでのご葬儀となりました。ご予約を入れた時期は大変混雑し、ご葬儀までに最短で9日程お待ちいただくことになる為、他の斎場もご紹介いたしましたが、火葬場併設で移動がなく、遠方からの御会葬者の方々にも分かりやすい場所とのことで、お待ちしてもこちらでとお決めになりました。堀ノ内斎場
葬儀費用 供花代を除いた、お布施なども含めた葬儀にかかった総費用です。 約200万円
堀ノ内斎場での生花祭壇 供花の札は立てたくないとのご要望から、供花で頂いたお花はアレンジして、祭壇脇と柩脇のお花にされ、いただいた方のお名前は芳名板に列記致しました。

施行後の、ご相談者からのアンケート

当センターへの口コミ
当センターへの感想
(画像クリックで拡大)
葬儀社と斎場への口コミ
葬儀社、斎場への感想
葬儀社について
何からどう始めたらよいか全くわからなかったのですが、質問については丁寧に説明してくれて、何よりもあせらずに気持ちを落ち着かせて日々すごすよう話してくれました。連絡がとれなかったり、何日も間をあかしたりすることも一斉なく、話しやすかったです。
斎場について
もう少し式場が広いといいと思いました。2Fの待合いや食事をする所がとても広いのに、差を感じてしまいました。
斎場選択理由について
遠方から来てくださった方にもわかりやすい地理条件と火葬場が併設されているので。
当センターをお知りになった経緯について
インターネット。
まだ本人の容態が悪かった訳ではない時に、医師より覚悟は必要と言われ、病院の待合室でスマホで葬儀会社を調べていましたが、莫大な数で困っていた所 まず最初の相談窓口になる所があるとわかって。
当センターを利用した理由について
電話をいただいた方の話し方や説明がよかったので、とにかく一度連絡してみようと思いました。
当センターを利用した感想について
自宅からも事務所が近い所を紹介してくれ、どういうことが上手か、社長はどんな人かなど事前の情報をいただけてよかったです。
お勧めの理由について
それぞれの家庭で形は違うので、難しいと思うのですが、何でも相談できるという点では紹介してみようと思っています。
お勧め度合い
葬儀社:機会があれば勧めたい|当センター:機会があれば勧めたい

堀ノ内斎場とサポート相談事例

堀ノ内斎場の斎場説明は 堀ノ内斎場 へ