1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. サポート地域
  4. 港区の葬儀社、斎場
  5. やすらぎ会館

やすらぎ会館(港区)

  • やすらぎ会館は港区の区民斎場で、使用出来るのは故人若しくは喪主(故人から2親等以内)が港区在住の方になります。
  • 青山霊園・青山斎場の1画にあり、立地条件がよく費用も抑えられていますが、区の人口が少ないので比較的利用しやすい状況にあります。
  • よい葬儀にするために、やすらぎ会館に精通した葬儀社を選ぶとよりよいでしょう。
やすらぎ会館外観
地下鉄乃木坂駅前に位置し、立地条件が良く、リーズナブルなお値段で借りられる、港区民の為の区営斎場です。

やすらぎ会館概略

住所 東京都港区南青山2丁目34番1号
対応規模 式場は1階に青雲の間、2階に白雲の間が1室ずつあり、ロビーを挟んで洋室のお清め所がそれぞれついています。 式場はイス席60名、洋室はイス席48名。お清め所用にロビーを使って最大イス席60名位までは対応が可能ですので、一般会葬者は200名位までの対応が可能です。
対応宗教 宗旨宗派を問わず、利用が可能です。
使用料 (下記に使用料別明記)
待ち日数目安 3日お待ちいただければ大体使用できますとのことです。

やすらぎ会館のお勧めポイント

  • 斎場取材・立会い
  • 葬儀相談員
  • 松山悦子

 青山霊園、青山葬儀場と続く1画にあり、港区民のための斎場で、故人もしくは喪主(故人から2親等以内の方)が港区に住民登録がある場合に使用することが可能となります。

 地下鉄乃木坂駅前という立地条件に恵まれ大変便利で、区の公共施設なので使用料も抑えられていますが、港区は人口が他の区に比べて少ないので比較的利用しやすい状況にあります。

 会館担当者はこちらの特徴として「青山ということでネームバリューがあること、建物が新しいこと、座る所が全て洋式で良かったといわれる方が多いこと」を挙げていました。

 玄関が狭いため出棺時間が設定されています。1階式場は9時〜10時、2階式場は11時〜12時、12時〜午後1時です。

  2階式場を使用して臨海斎場での火葬の場合は距離があり、所要時間が読めないので戻っての初七日法要・精進落しは難しく、式だけになります。午後1時出棺の場合は2階使用が午後3時30分までになりますので桐ヶ谷の火葬場でも無理のようです。

  ご遺体安置は4日間まで、年末年始だけは7日間ですが、3日待てば大体取れますとのことです。面会は葬儀社立会いの下で、他の葬儀に影響のない時間帯になりますので、連絡が必要です。

  通夜の仮宿泊は親族控室の6畳と僧侶控室の3畳になり、3〜4名ほど泊まれます。閉館時間は午後10時で、仮眠される方も10時以降の出入はできません。

  身障者用トイレ・駐車場、点字エレベーター、手すり等バリアフリーになっています。館内は全面禁煙です。

  区立の施設ですので心付けは必要ありません。

やすらぎ会館詳細

式場 式場は1階に青雲の間、2階に白雲の間が1室ずつあり、両方ともイスは60席です。
お清め所

ス48席と、人数が多い場合にはロビーにもイスを並べることができます。

安置 ご安置は可能で、ご安置中の面会にも対応しています。
時間は7:00〜22:00の間でしたら可能ですが、葬儀社の同行と事前の連絡が必要です。(22:00には施錠します)
宿泊 通夜の仮宿泊に対応しています。3〜4名程の宿泊が可能で、閉館時間は午後10時です。10時以降の出入りはできません。
駐車場 駐車場は全部で11台。 2ご喪家で使用の場合は5台分ずつになり一般会葬者の駐車は難しい状態です。(身障者用の駐車が1台あり。) できるだけ公共交通機関をご利用願いますとのことです。 なお、赤坂警察の許可を受ければ青山霊園の墓地道路に10台ほどの駐車が可能になります。
休場日 1月1日から2日、臨時休館日(仮安置室は利用できます)

やすらぎ会館の使用料と交通アクセス

式場等一式使用料 午後4時から翌日の午後3時まで 77,000円
式場等区分使用料 午後4時から翌日の午後3時まで 40,000円
午後4時から翌日の午前8時30分まで 37,000円
仮安置室使用料 1日 6,200円

交通アクセス

  • 地下鉄千代田線乃木坂駅下車。5番出口を地上に出ると道路向側にあります。
  • バスの場合は都バス (品97) 品川車庫〜新宿駅西口で「青山斎場」下車。乃木坂駅方向に徒歩2分ほど直進した右側です。