1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀の種類
  4. 一般葬

一般葬(〜150名程度)

  • 故人様にご縁のあった方などの皆様で送る葬儀で、昔ながらの一般的な葬儀のかたちといえます。
  • 会葬者数を把握しづらい場合があるので、斎場を選ぶ際には注意が必要です。
  • よい葬儀にするために、臨機応変な対応に慣れている葬儀社を選ぶとよりよいでしょう。

昔ながらの一般的な葬儀のかたちです。

 ご家族・ご親族の他に、故人様やご家族にご縁のある方々にもご会葬に来ていただくご葬儀で、昔ながらの一般的な葬儀のかたちといえるでしょう。 

 一般の会葬者が多い場合、喪主を努める方をはじめ、ご家族などはご会葬の方へのあいさつや対応に追われたりなど、忙しさもありますが、お知らせをする、しないなどの線引きをする必要がなく、故人様とご縁があった方々が最期のお別れをすることができますので、葬儀後の慌ただしい時期に、知人さなどが自宅にお線香をあげに来るようなことも少なくなり、故人様の交際範囲が広い場合などには適した葬儀のかたちといえると思います。

 一方、それゆえに、ご友人がその先のご友人へ連絡するなど、ご家族の中では把握できない方までに連絡が及ぶこともありますので、会葬者の人数の予測がつきづらい場合もある、かもしれません。

 ご会葬人数の増減は、見積もりと請求に差が生じる部分ですので、この点をよく理解しておいた方がいいでしょう。

 お料理や返礼品などのおもてなしにかかる費用は、人数の増減が影響してくる部分です。なお、もしご会葬の人数が大幅に変動する可能性がある場合には、お料理の追加対応などについては葬儀社さんに事前に聞いておくと安心かと思います。

 ご葬儀を行う式場に関しましては、事前にある程度人数を把握しておく必要はありますが、ご葬儀間近にならないとわからない状況もあると思いますので、人数の増減に対応できるようなところをお選びになるのが望ましいと思います。

 ご葬儀の直前になってご会葬人数が増えそうだと判断した場合、駐車場にテントを張ることができるような式場であれば、ご会葬者が多くなった場合でも充分に対応することが可能になります。

 上記のことから、近隣の式場の使い勝手を熟知していて、なおかつ臨機応変な対応ができる葬儀社を選ぶことが安心につながります。

当センターでの一般葬サポート相談事例を検索