1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. サポート地域
  4. 台東区の葬儀社、斎場
  5. 寛永寺輪王殿

寛永寺輪王殿(台東区)

  • 寛永寺輪王殿はJR上野駅公園口から近く、国立西洋美術館、国立科学博物館、東京国立博物館等に囲まれた静かな環境の中にあり、一般葬から社葬まで重厚なイメージの中でゆったりと葬儀ができます。
  • よい葬儀にするために、寛永寺輪王殿に精通した葬儀社を選ぶとよりよいでしょう。
寛永寺輪王殿、外観
  JR上野駅近くの静かな環境の中、大型葬を中心としたご葬儀が可能です。

寛永寺輪王殿概略

住所 東京都台東区上野公園14−5
対応規模 第一会場は、広いエントランスとイス席140名程の式場。2階はお清め所としてイス席72名程で、大人数の場合や社葬に最適です。
第二会場はイス席60名程で一般葬に向いています。 第一会場の会葬者数は500名以上を、第二会場は300名位までを目安にしているそうです。
対応宗教 既成仏教及び神道・無宗教に対応しています。
使用料 (下記に使用料別明記)
待ち日数目安 混雑時には4〜5日ほどお待ちいただくことがありますが、通常は比較的すぐに使用することが出来ます。

寛永寺輪王殿のお勧めポイント

  • 斎場取材・立会い
  • 葬儀相談員
  • 松山悦子

 JR上野駅から程近く、周りは東京文化会館、国立西洋美術館、国立科学博物館と環境良好なところにあり、入口が重要文化財の黒門という重厚なイメージで一般葬から社葬まで幅広く使われています。

  輪王殿は天台宗輪王寺、寛永寺の檀信徒会館ですが、原則的に宗旨、宗派を問わず利用できます。但し、暴力的集団関係、新興宗教の祭礼式、キリスト教はご遠慮願っていますとのことです。

  輪王殿使用に当たっては、葬儀当日近親者数名同席していただき、天台宗僧侶による典礼を5分ほどうけることになります。

  黒門から広い境内の正面にデンと控えた第一会場は、広いエントランスとイス席140名程の式場。2階はお清め所としてイス席72名程。他に洋間(応接室風)と和室2間〔1階8畳と2階6畳〕の親族控室等があり、大人数の場合や社葬に最適です。

  第二会場は第一会場の反対側に位置し、入口も脇を回りこんだところにあり、少し離れていますが同じ建物内にあります。イス席60名程で中クラス向き。2階はお清め所としてイス席66名程、他に親族控室用として和室10畳2間があります。

  第一会場使用の場合に第二会場の2階お清め所と控室を親族専用のお清め所として一般用と分けて使用も可能です。この場合、1階式場とホールは閉鎖しますので、駐車場は全面使用できます。第二会場の場合は第一会場が使用の場合もあり、相談の上になります。

 第一会場の会葬者数は500名以上を、第二会場は300名位までを目安にしているそうです。

  宿泊は出来ませんので通夜は9時までになります。霊安室は完備しています。

寛永寺輪王殿詳細

式場 第一会場はイス140〜200席
第二会場はイス60〜80席程
お清め所 第一会場:2階 イス72席
第二会場:2階 イス66席
安置 輪王殿を使用する場合のみ無料でご安置していただけます。
ご安置中の面会にも対応しています。時間は17時頃までで、事前の連絡が必要です。
宿泊 対応していません。
駐車場 駐車場は輪王殿内に第一、第2会場ともそれぞれ約35台分のスペースがありますが、テント等の設置方法により変動します。
休場日 1月1日〜3日までは休館です。
寛永寺輪王殿、山門
重厚なイメージの重要文化財・黒門は第1会場の入り口になります
寛永寺輪王殿
寛永寺輪王殿第1会場は会葬者500名以上の社葬等に適した斎場です。
寛永寺輪王殿、道路から
第2会場は第1会場の反対側に位置し、イス席60名程ですが、大型葬の場合は双方合わせてご利用可能です。

寛永寺輪王殿の使用料と交通アクセス

第1会場 通夜・葬儀 
1,200,000円
本葬使用 
800,000円
第二会場控室使用 (第二会場2階控室+ 2階の和室控室2室)
+100,000円
第二会場 通夜・葬儀
500,000円
本葬使用
350,000円
第1会場控室使用 (第1会場2階の控室+ 2階の洋室、和室控室)
+200,000円
全館使用 通夜・葬儀
1,800,000円
本葬使用
1,150,000円

交通アクセス

  • JR上野駅公園口下車。東京文化会館を正面に見て、右方向(鶯谷方向)に5分程直進すると左手にあります。第一会場は重要文化財黒門より、第2会場は敷地角を左折した左サイド入口より入ります。