1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. サポート地域
  4. 武蔵野市の葬儀社、斎場

武蔵野市の斎場,相談事例,口コミ(葬儀社/斎場)

  • 斎場と葬儀社にも得意・不得意があります。これを理解することが、より満足度の高い葬儀につながります。
  • 葬儀には、宗教による違いから、直葬や一日葬、家族葬、区民葬・市民葬、生活保護(葬祭扶助)の葬儀、一般葬、社葬にいたるまで、さまざまな種類があり、そして地域事情もあります。
  • それゆえ、ご相談者の要望に適した、斎場と葬儀社選びが大事になってきます。

源正寺太子堂 (武蔵野市緑町)

源正寺太子堂
源正寺太子堂の詳細ページへ

源正寺太子堂概略

源正寺本堂、客殿は門徒・檀家用ですが、太子堂は広く地域の方に利用されています。太子堂は1日だけの使用料もあり、葬儀告別式だけで済ませたい場合に便利です。「お寺さんがお見えになってお勤めいただくこと」が前提なので仏教徒のみの使用になります。

住所 武蔵野市緑町1-6-7
対応規模 太子堂は式場とホールと和貴殿からなり、式場はイス席80名、ホールはイス席72名+4畳和室でお清め所として使用できます。ホールと式場はパーテーションで仕切られていますので融通が利きます。ホール隣の和貴殿は27畳和室で家族葬の場合などでは前に祭壇を置き、後方に食事をする所を設け、1室で葬儀、お清めから宿泊まで済ませることができます。和室でイス席が欲しい場合はミニの折りたたみ椅子の用意もあるようです。
対応宗教 既存仏教
アクセス JR中央線三鷹駅北口から関東バスA番乗場柳沢駅、東伏見駅北口行にて武蔵野営業所下車、徒歩約3分。

延命寺斎場 (武蔵野市八幡町)

延命寺斎場
延命寺斎場の詳細ページへ

延命寺斎場概略

延命寺斎場は延命寺の広い境内にあり、大型のご葬儀に対応できる斎場です。通夜の仮宿泊は2階和室広間が自由に使用でき、遠方からのご親戚が多い方には便利です。

住所 武蔵野市八幡町1-1-2
対応規模 式場はイス席100名の第一斎場(大師堂)と和室20畳ほどの第二斎場(薬師堂)からなります。第一斎場でのご葬儀で会葬者が少ない場合は式場後方のホール部分が受付になります。2階お清め用の和室は日光の間が21畳、月光の間が24畳、中の間が12畳ほどです。月光の間はイス席として使用すると54名分ほどになります。 全館使用の場合は2階和室に約130名、1階第二斎場も控室として使用し約40名で計170名収容でき、境内もゆとりがありますので1,000人規模のご葬儀にも対応可能です。
対応宗教 宗派は問いません。
アクセス 中央線三鷹駅北口下車。関東バスC番乗り場より武蔵境駅行または武蔵小金井駅行にて「五小前」下車。乗車時間は約10分位です。

そのほか武蔵野市の斎場例

斎場名 所在地
安養寺 武蔵野市吉祥寺東町1-1-21
武蔵野市の方が利用することも多い、火葬場併設の斎場
多磨葬祭場・日華斎場 府中市多磨町2-1-1
堀ノ内斎場 杉並区梅里1-2-27

  この地域には上記のような斎場がありますが、どの斎場を選んでいいのか分からないような場合でも、センターおよび賛同社が適切に提案します。斎場は、会葬者数や宗教、費用、場所、交通の便、設備内容、格式、空き状況、などを考慮して選んでいくことになります。

 なお、葬儀社と斎場と火葬場の関係がよくわからないという方が多いと思いますので、こちらで解説しています。葬儀社と斎場と火葬場の関係

武蔵野市付近で、よい葬儀をするためには、適切な葬儀社選びが必要

 最近ではネットで目立たせる集客手法で、武蔵野市付近に店舗のない、遠くの葬儀社なども武蔵野市付近で葬儀をすることもあるようですが、土地勘がない上、式場の使い方を知らないとか、安置も遠くの場所に連れていかれてしまう、担当者と面談しようにも遠くのため面談に応じてくれない、など起こっているようです。

 こうした葬儀社を選ばないようにしたいものです。その上で、葬儀社にも様々なタイプがあることを理解しておくことが大事です。家族葬が得意なところもあれば、社葬が得意なところもあります。生活保護(葬祭扶助)の葬儀を主に手掛けているところもあります。個別の宗教宗旨専門の葬儀社もあります。

 よい葬儀にするため、適切な葬儀社をスムーズに選べるように、センターの相談員がご依頼者の話をお伺いしながら、内容と優先順位を整理していきます。内容は、1規模、2宗教、3場所、4予算、5内容(サービス提供能力や保有設備等)、6日程(事後の場合)です。

 たとえば、1の「規模」で言いますと、直葬や一日葬、家族葬、区民葬・市民葬、生活保護(葬祭扶助)の葬儀、こりんまり葬、一般葬会社役員の葬儀、合同葬、社葬のどのあたりを想定しているのかということになります。2の「宗教」でいいますと、仏式から神道(神葬祭)、キリスト教、友人葬、天理教、新宗教、そして無宗教・・・ということになります。

 この整理を通して、その要望によく応えられる可能性の高い賛同社から順に紹介していきます。