1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. サポート地域
  4. 品川区の葬儀社、斎場
  5. 観音寺会館

観音寺会館 (品川区)

観音寺会館はJR山手線大崎駅から徒歩2〜3分という便利なところにあり、1日1ご喪家のみの使用になりますので、ゆっくりと静かな雰囲気の中でお見送りができます。
よりよい葬儀にするために、観音寺会館に精通した葬儀社を選ぶことが重要です。

観音寺会館観音寺会館の所在地

〒141-0032 東京都品川区大崎3−8−12
地図はこちら

観音寺会館への交通アクセス

 JR山手線大崎駅西口下車。駅前道路を左方向に少し行きニュー大崎店舗街の看板のあるニュー大崎ビルを入ります。ビル内の商店街を突き抜け右折した先が観音寺会館です。観音寺手前になります。駅から徒歩3分程です。
駐車場はありますが4〜5台しか入れませんので一般会葬の方はご遠慮願っており、大崎駅から近いのでJR等をご利用くださいとのことです。

観音寺会館の使用料

 会館使用料は全館2日間で230,000円ですが、町内の方(大崎1丁目〜5丁目)は30,000円の割引になり200,000円です。

観音寺会館の施設案内

観音寺会館 JR大崎駅近くと便もよく、リニューアルされた綺麗な会館です。
1日に1ご喪家のみの使用になり、ゆっくりと静かにお見送りができます。
1階がフロントホールと式場、2階がロビーとお清め等の御供養宴会場、親族控室、導師控室になります。
式場はイス席60名、御供養宴会場はイス席72名、親族控室は5畳半です。
通夜の仮宿泊はできません。午後8時過ぎにはお清めを締め切り、午後9時には閉館となります。
手押しタイプの車椅子が1台用意されていて、2階へはエレベーターを利用できます。

施行例

  ご家族、ご親族のみ28名ほどの葬儀・告別式に立会いました。依頼者は幾つかの斎場を見て回り、交通の便が良く設備のよいこちらに決められました。観音寺会館での葬儀
故人は依頼者のお母様で会社経営者。故人並びに依頼者の関係者を合わせるとかなりな会葬者になるため、故人の意思を尊重し家族親族のみの葬儀になりました。
通夜には集まった香典を持って3名様ほどいらっしゃいましたが、開式前にお帰りになったそうです。
「火葬場の桐ヶ谷斎場から混んでいる旨、随時無線で連絡が入りますので、時間がずれることがありますが、逆にお別れがゆっくり出来るとお考えいただければと思います」と葬儀開式前の担当者の具体的で分かりやすい説明に一同大きくうなずいていらっしゃいました。
ご家族のみとご親族を加えての記念撮影から始まり、ご住職の丁寧な読経の説明も加わり、終始和やかな雰囲気の中で執り行われました。
最後のお花入れの儀では謡の曲が流れる中、趣味の鼓を入れた後、担当者の「お別れは何度でもしてください、言葉を掛けてあげてください」の声に促され、銘々お花を手向けながら思い思いの言葉で話しかけていました。
お花を入れた上からは最後に謡で愛用した着物をそっと掛けて差し上げました。
「母の希望通り身内だけでしめやかに送ることができました」と締めくくられた喪主の方が最後意を決したように一言付け加えられました。
それは薬の副作用で骨が弱っているのを気にされ、「お骨あげは子供達4人だけで行って欲しい」とのお母様の言葉でした。
通常は火葬場の流れの中で皆さん全員がお骨あげをされますが、今回は皆さんにロビーでお待ちいただき、火葬場の担当者の取り計らいで4名だけのお骨あげを無事ご希望道理済ませることができました。地下駐車場に待機していたマイクロバスの運転手さんも早めにロビー近くまで車を横付けし協力してくれたとのことです。

葬儀費用概略

  葬儀代金 41万550円
車両費・式場費・火葬場諸経費・心づけ 43万6025円
返礼品 25万8300円
料理代 20万2545円
お布施  40万円

(斎場案内・葬儀立会い/あさがおアドバイザー・松山悦子)