1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 神奈川の葬儀
  4. 相模原市の葬儀社、斎場
  5. 相模原市営斎場
  6. サポート相談事例5

家族葬/仏式/相模原市営斎場

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2015年前半

  • ご相談対応
  • あさがおアドバイザー
  • 松本明子

事前のご相談では、ご相談者にとって分かりづらいところや漠然としかわかっていない流れなどを、実際に葬儀を行う前にきちんとご理解いただけるようになるというメリットがあります。

ご相談者は、ご逝去からご安置や葬儀までの流れについて漠然とした不安をお持ちになられていました。

数回のメールでのやり取りを行っているなかで、ご相談者が不安に思われていることが明確になり、それについて細かく説明させていただいたところ、「スッキリしました!」とお返事を頂けたことでこちらも安心させていただきました。

なんとなく、わかったような、でもはっきりと分からないことなどはそのままにしておくと不安につながってしまう事もあるかもしれません。小さなことと思わずに、遠慮なくご相談いただければと思います。

ご相談者:ご長女(お父様は60代)

初回コンタクト時 医師より、ご入院中のお父様の余命を知らされた時点に、ご相談フォームよりご連絡をいただきました。
この時点では、葬儀は初めてのこととのことで、ご要望というよりは現時点での状況をお知らせいただいていました。
葬儀社紹介 概算見積書提出 センターからメールにてご要望をお伺いさせていただき、現時点でお分かりになる範囲でのご回答を頂くというやり取りを数回行い、ご要望の整理を行ったうえで3社をご紹介させていただき、概算見積書の取り寄せを行い、センターからの説明書を添えてお送りしました。
概算見積書にて一つ一つを比較ご検討され、不明な点などについてのお問い合わせ
概算見積書提出 3社の概算見積書にて比較・ご検討頂き、新たなご不明点などについての問い合わせなど、数回のやり取りを行ったうえで、一日葬などのも踏まえた見積りをご希望され、再度提案、見積書の送信を行いました。
葬儀社決定 葬儀社とのコンタクト ご検討いただき、その中の1社と直接話しをしたいという連絡を頂いておりましたが、直接コンタクトをお取りになる前の段階でご逝去となり、ご葬儀依頼の連絡が葬儀社との初のコンタクトとなりました。
ご相談者が直接葬儀社に連絡をしてご依頼となります。
搬送 ご安置

寝台車が病院へお迎えにあがり、ご自宅へ搬送、その後2日間をご自宅にておすごしになりました。

本見積書提出 ご自宅でのご安置が整ったあと、ご葬儀の打ち合わせとなり、それに伴って詳細の見積書が作成されました。
搬送 ご安置

ご家族のご要望により、2日後に相模原市営斎場の安置室にご移動となりました。
ご葬儀の日まで安置所でのご安置となりました。

この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
10日前 初回コンタクト ご相談フォームからのご相談。
8日前 葬儀社紹介 概算見積書作成 複数回のやり取りを行ったうえで、葬儀社3社のご紹介および概算見積書の取り寄せ、送付。
4日前 概算見積書再作成 内容をご検討いただき、新たなご要望として一日葬などを踏まえた見積書を再提出。
1日前 ご紹介社のうちの1社と直接話しをしたいのご連絡をいただき、葬儀社へその旨をお伝え。
ご逝去 ご逝去時点 病院にてご逝去。
同日 葬儀社決定 葬儀社とのコンタクト ご相談者が直接葬儀社へ連絡をお取りになり、葬儀ご依頼となる。
搬送 ご安置 寝台車がお迎えにあがり、病院からご自宅へ搬送。
ご自宅にてご安置。
本見積書作成 ご自宅でのご安置を整えた後、詳細の内容決定および本見積書の提出。
2日後 搬送 ご安置 ご家族のご要望により、相模原市営斎場の安置所へご移動。
5/6日後 ご葬儀 相模原市営斎場にて通夜・告別式/ご火葬

施行内容(家族葬/仏式/相模原市営斎場)

規模/会葬者数 ご相談当初はお父様のご友人にもお越しいただきたい等のご要望もありましたが、ご相談のやり取りの中で費用面などを考慮してお身内だけの家族葬という流れになりました。家族葬:ご家族・ご親族30人
宗教 葬儀社より紹介のご僧侶にご依頼されました。俗名での読経です。仏式:天台宗
斎場 ご対象者が相模原市民だったことから、費用面や利便性などを踏まえて相模原市営斎場にお決めになりました。相模原市営斎場
葬儀費用 葬儀社紹介僧侶への謝礼を含む葬儀にかかった全ての費用です。(ご供花を除く)約72万円
相模原市での家族葬 白い花を基調としたシンプルな生花祭壇です。

相模原市営斎場とサポート相談事例

相模原市営斎場の斎場説明は 相模原市営斎場 へ