1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀の種類
  4. キリスト教の葬儀

キリスト教の葬儀

キリスト教の葬儀は、まず神父や牧師とよく相談し、指示を受けることが大事です。
キリスト教の葬儀にした場合、菩提寺の関連で問題がおきることがあります。
キリスト教の葬儀に慣れている葬儀社は少ないので、キリスト教の葬儀を得意としている葬儀社に依頼することが大事です。

キリスト教の葬儀は神父や牧師とよく相談すること

 原則として、カトリック教会では生前に洗礼を受けた人しか受け付けませんので、葬儀は故人が属した教会で行うことが多いです。一方、プロテスタント教会では、親族が信者なら、故人が信者でなくても受け入れてくれる場合があります。また、強い要望があれば、遺族や親族が信者でなくても受け入れてくれることもあります。

 キリスト教の葬儀を要望する人や家族は、仏式の葬儀を選択するときのように消極的理由によるものではなく、おおかた積極的な理由によるものですから、葬儀の内容は、懇意にしている神父や牧師とよく相談されることです。
故人だけが信仰していた場合は、それを叶えてあげたいというのが人情ですし、葬儀もそれに従いキリスト教式にするがよいと思われます。この場合でも、ご家族が、懇意にしていた神父や牧師とよく相談されることが大事です。

故人だけが信仰していた場合問題がおきることもある

 家族ぐるみで信仰をしている場合には問題はおきないかもしれませんが、故人だけがその信仰を持っていたような場合は、少し面倒になることもあります。
たとえば、菩提寺がある場合に、お寺選びを間違えると納骨ができなくなることがあると「仏式の葬儀」のところで見てきましたが、このことは、そのまま、キリスト教の葬儀をしたときにも当てはまります。つまり、菩提寺から戒名をもらわないと納骨させてもらえないということです。
菩提寺である寺院墓地は檀家制度によって寺院を維持している宗教集団なので、檀家になることが条件で納骨できるというわけです。

 そうなると、故人の信仰を尊重するとお墓を違うところに設ける必要も出てくることになります。もしくは、故人には悪いけれども葬儀そのものをキリスト教式にしないというように、遺族が現実的な選択をするかもしれません。こうした問題には正解はありませんので、故人の生前の遺志をからめて、関係者による合意如何によります。

 もちろん、菩提寺ではなくて、公営墓地や宗教不問の民間墓地であれば何の問題もおきません。

キリスト教の葬儀に慣れている葬儀社は多くない

 葬儀全体に占めるキリスト教の葬儀の施行割合が少ないということは、キリスト教の葬儀に慣れている葬儀社も当然少ないということです。よりよい葬儀にするためには、キリスト教の葬儀を得意としているところに依頼することが大事です。
特にキリスト教式の場合、喪家と神父や牧師は関わりの度合いが深く、神父や牧師を中心に式は組み立てられることになりますので、葬儀社は裏方に徹することが求められます。都会の葬儀社によくあるように、紹介した僧侶を下請けのように使うことに慣れてしまって、式は葬儀社中心に組み立てるものだと思い込んでいるところは避けたほうがいいでしょう。

 なお、キリスト教の葬儀の流れなどについては、「情報源」ページの中の紹介ホームページなどをご覧下さい。

当センターでのキリスト教葬サポート事例を検索