1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀の種類
  4. 生活保護(葬祭扶助)

生活保護(葬祭扶助)

  • 葬儀を執り行う人が葬儀費用を捻出できない状況にある場合において、その人の困窮状態により、生活保護法に基づいた葬祭扶助を受けることができます。
  • 一人暮らしの生活保護受給者の方で、葬儀を執り行うことのできる身寄りの親族などがいないなどの場合にも適用されます。
  • 必要最低限の葬儀にかかる費用が対象となり、支給額には上限があります。利用できる費目が決められていますので、必要以上の儀式は行えません。
  • 生活保護(葬祭扶助)での葬儀においても、葬儀社選びは大事です。

葬祭扶助は、申請者の困窮状態により受給できる制度です

 葬儀を執り行う方(遺族・親族など)が困窮のため、どうしても葬儀費用を捻出することができない状況にある場合、その人の収入状況、困窮状態を調査したうえで、生活保護法に基づいた葬祭扶助を受給することができます。

 生活保護を受給されている方がお亡くなりになった場合、または申請者(葬儀を執り行う方)が葬祭費の負担をすることが困難な場合には、担当管轄の福祉事務所へ葬祭扶助の相談、申請をします。申請後、収入状況や困窮状態、また、故人の遺留金品の有無などを調査し、扶助の対象とされた場合において、葬祭扶助を受給することができます。

葬祭扶助の申請について

 葬祭扶助の申請は、基本的には故人の住民登録がある地域ではなく、申請者(葬儀を執り行う方)がお住まいの地域の管轄の福祉事務所で行ないます

 一例ですが、他県に住む身内が亡くなり、扶養義務者(申請者、葬儀を行なう人)が東京都板橋区で生活保護を受給されている場合は板橋区の管轄の福祉事務所に申請し、葬祭扶助を受けるというかたちになります。

 葬祭扶助の申請については、上記の他にも個々に様々な状況があります。福祉事務所ではそれぞれの状況にあわせて対応していただけますので、葬祭扶助の受給を考えている方は、管轄の福祉事務所に相談してください

最低限の葬儀とは…。

 葬祭扶助の受給金額には上限があります。上限の金額は地域により異なりますが、20万円前後となる所が多いかと思います。

 この費用内で葬儀を執り行うということになりますが、葬祭扶助が受けられるのは、葬儀を行うにあたって、必要最低限の部分になるということを承知しておく必要があります。

葬祭扶助が適用になる費目は主に下記の6費目です。

  • 遺体搬送料
  • 死亡診断書、死体検案書などの文書作成費
  • 遺体保存にかかる費用(ドライアイス・安置料など)
  • 火葬料
  • 骨壷

  宗教者にお経をあげてもらったり、お花を出すなど、最低限を上回る費用のかかる葬儀は行うことができません。

 なぜなら、宗教者に納めるお布施やお花を買う代金などが捻出できるのならば、その費用を葬儀を行なうために必要最低限の費目に充当することができるからです。要するに、最低限の葬儀とは、火葬のみ(直葬)を意味しています

 なお、特例として、上記であげた費目内で何らかのやむを得ない事情(例えば、一人暮らしの方がお亡くなりになり、お身内の方を探すのに時間がかかってしまったときの安置料やドライアイスの費用がかさんでしまった場合など)により、上限の金額を超えてしまう場合には、特別に上限を超えた分の費用も受給することができることがあります。

身寄りのない生活保護受給者の方の葬儀

 単身で身寄りがないなど、葬儀を執り行ってくれる人がいない場合は、担当のケースワーカーや民生員の方が代行して火葬に立ち合います。

 この場合、故人の遺留金品等があればそれを葬祭費に充当しますが、葬祭扶助基準額に満たない場合は、その不足分について葬祭扶助が適用になります。

 その際の御遺骨は各地域の無縁納骨堂などに納められます。(地域により異なります。)

利用するにあたっての注意事項

 上記では、葬祭扶助の対象とされるためには福祉事務所へ相談・申請する必要があるということを説明してきましたが、実際の葬儀は葬儀社が行ないますので、葬儀については葬儀社に依頼することになります。

 そして大事なことは、葬儀社には「葬祭扶助で葬儀を執り行いたい」ということを必ず伝えるということです。といいますのも、葬祭扶助の受給とは、葬儀社が葬儀費用の請求書を福祉事務所に提出し、内容項目、費用をチェックしたうえで葬儀社に支払われるものだからです。ご依頼者と福祉事務所間での金銭のやり取りはありません

 何も知らずに、後で戻ってくると思って、生活費などから立て替えて葬儀代金を支払ってしまった後に申請をしても、実際には葬儀代金を支払う能力があったとみなされ、葬祭扶助をうけることができなくなることがあります。なので、福祉事務所に相談・申請するタイミングは、葬儀(火葬)を行う前の段階でなければならないということになります。

 最後に付け加える事とすれば、葬祭扶助での葬儀においても気をつけたいのは、葬儀社選びです。葬祭扶助の葬儀を引き受けたがらない葬儀社もあるようですし、雑な取り扱いをするようなところもあるようです。葬祭扶助での葬儀においても、きちんと対応してくれる葬儀社を選ぶことが大切です。