1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 千葉の葬儀
  4. 松戸市の葬儀社、斎場
  5. ときわ平会館
  6. サポート相談事例1

こぢんまり葬/仏式/ときわ平会館

  • 事前の相談
  • 事後の相談

ご相談対応レポート、2015年前半

  • ご相談対応
  • 有賀知道

 ご家族がお父様を朝起こしに行った時には亡くなっていて、いったん、警察署のほうへ運ばれました。警察署に安置されている状況での、お電話でのご相談でした。
そのような状況の中でも、ご相談者様はとてもしっかりお話をされ、こちらからの質問に的確にお答えいただきました。あまり大人数にならないだろうけれども、しっかりと送りたいというご希望でした。都内からの交通の便も考慮したいといことで、状況によっては、様々な斎場も提案して選択肢としたほうがいい感じもありました。

 こちらでも3か所ほど斎場を候補としてあげましたが、このようなときには、葬儀社の担当者と実際に直接話しあってもらう中で、具体的な場所を決めていってもらうのがいいと思っています。ご相談者からしますと、葬儀社の担当者と直接に話すことで、安心して任せられるところかどうかの判断もできることになります。

ご相談者:長男 (お父様は70代)

初回コンタクト時 ご家族がお父様を朝起こしに行った時には亡くなっていて、いったん、警察署のほうへ運ばれました。そのような状況の中での相談でした。事件性もありませんでした。警察署からの搬送や、当センターの仕組みを概略説明し、現段階での要望をお伺いしました。
30人ぐらいの規模になりそうなことや、菩提寺はないが、一般的な仏式で執り行うこと、都内からの交通の便も考慮したい、などです。
葬儀社紹介葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 警察署に安置されている状況でしたので、まず、内容に合いそうな1社を候補として挙げます。故人様は流山市民でしたので、公営のウィングホール柏斎場も選択肢としてあげましたが、場合によっては交通の便も考慮し、自社斎場も提案できるところです。かつ、こぢんまり葬にもよく対応できるところです。すぐに、対応可能か確認し、同社を紹介することになります。その後、紹介社の担当者と直接電話にてやり取りしてもらい、お願いする、という流れになります。式場と火葬場の予約、日程を決めます。
搬送ご安置 同社が、流山市内の警察署から、ご自宅まで搬送し安置します。翌日にメイク(化粧)および納棺を行いました。通夜当日までご自宅に安置となります。
本見積書提出 ご自宅安置後、担当者と打ち合わせ、詳細な見積もりが作成されました。
この事例でのご葬儀までの流れ
時系列 経過ポイント 内容
ご逝去 ご逝去時点
同日 初回コンタクト葬儀社紹介

電話にてご相談。内容を踏まえ、1社を口頭で説明、紹介。

葬儀社とのコンタクト葬儀社決定 紹介葬儀社さんの対応可能確認後、電話にて同社と電話にて直接やりとり。式場と火葬場の日程をおさえる。
搬送ご安置本見積書作成 同社が警察署にお迎え自宅へ搬送、お通夜当日まで自宅にご安置。自宅での打ち合わせ手において、内容詳細を決定し、本見積書提出。
3/4日後 ご葬儀 ときわ平会館にて、お通夜/葬儀・告別式、ウィングホール柏斎場にて火葬

施行内容(こぢんまり葬/仏式/ときわ平会館)

規模/会葬者数 相談時に、30人ぐらいを想定していましたが、実際もそのような感じになりました。一般会葬者ではご相談者の関係者が多かったようです。こじんまり葬:通夜30人、告別15人、家族親族10人
宗教 菩提寺はありませんでしたが、一般的な仏式の葬儀をご希望でしたので、お寺さんは葬儀社が紹介したところになりました。お墓もありませんでした。仏式
斎場 故人様は流山市民でしたので、火葬場はウイングホール柏になりました。式場については、都内から来られる会葬者も考慮して、もう少し交通の便の良いところという希望がありました。それと、式場の空き状況で一番早い日程でとれる、ときわ平会館に決まりました。駐車場も40台あり、1日1組でのお式になるという事も決め手になりました。ときわ平会館
葬儀費用 お布施や即日返し、飲食など含めた葬儀にかかわる総額です。約161万円
常盤平会館での葬儀 1日1組施行の式場なので、他の喪家と接することもなく、落ち着いた式になりました。

ときわ平会館とサポート相談事例

ときわ平会館の斎場説明は ときわ平会館 へ