1. あさがお葬儀社紹介センタートップへ
  2. サポート地域
  3. 東京の葬儀
  4. 豊島区の葬儀社、斎場
  5. 沙羅ホール
  6. サポート相談事例1

沙羅ホール (豊島区)>サポート相談事例

  • 無宗教式による大規模葬
  • 会葬者600名
  • よりよい葬儀にするために、沙羅ホールに精通した葬儀社を選ぶことが重要です。

沙羅ホールでの無宗教葬の施行例

沙羅ホールでの無宗教葬儀

会葬者数通夜・告別式合わせて600名ほどの無宗教葬の立会いに伺いました。葬儀社と打ち合わせの段階では250名程とのことでしたが、前日供花がどっと届き、会葬者数が大幅に増えることが予測され、返礼品は追加しましたが、故人並びにお身内の会社関係者が多いと判断し、通夜のお清め用の料理は追加せずに最初の打ち合わせ通りにしました。結果、十分間に合ったようです。

式場選びでご喪家からは交通の便が良く、会葬者を戸外で待たせることがないところをと希望され、依頼者も何ヶ所か見て回り、葬儀の日取りを延ばしてもとこちらの斎場に決められたようです。

花祭壇は祭壇の形ではなく柩が花に囲まれているようにということで、花を柩の周りにあしらい、頂いた供花で式場内を取り囲むようにし、頂いた方のお名前は式場後方の芳名板に一括しました。

バックグラウンドで流す音楽は自分達の手でと息子さん達がご用意されました。

葬儀社の担当者は「お顔が見やすいように柩を縦に並べ足元の方に献花台を置き、会葬者の皆さんに前方まで来ていただき、脇にいらっしゃるご家族の方々とひと言二言語らいができる雰囲気を心がけた」とのことです。

告別式では献花の間中、50通以上の弔電が読まれ、葬儀の流れを盛り上げる役目になったようです。

故人の友人に続き、次男、3男の方がお父様へのそれぞれの想いを語り、出棺前の長男の方のご挨拶では大好きだったお酒をぜひ飲ませたいと通夜の後友人たちがウイスキーを買いに走り、故人の口に含ませ、一緒に大いに語らってお別れをしたことを話されました。

葬儀費用概略

葬儀代金  72万552円
供花・献花・芳名板など付帯費用 23万9400円
車両 17万6400円
式場費・火葬場諸経費・心づけ 43万7375円
料理 82万2150円
返礼品 27万3840円

(斎場案内・葬儀立会い/あさがおアドバイザー・松山悦子)

沙羅ホールとサポート相談事例

沙羅ホールの斎場説明は 沙羅ホール へ