現在位置:トップページ葬儀の種類家族葬

家族葬

  • 家族葬は最近増加傾向にあります。
  • 規模の面で見ると密葬と同じですが、多くの会葬者への対応など慌しさをできるだけ避けて身内でゆっくりとお別れするという意味合いで使われていることが多いようです。
  • あとあと問題が起きないように、関係者の意向を確認し調整したほうがいい場合もあります。
  • 斎場と葬儀社は、家族葬を得意としているところを選ぶ必要があります。

家族葬は身内を中心にした葬儀

 家族葬の厳密な定義はありませんが、規模としては、家族や親族、親しい友人の範囲だけの葬儀ということになります。規模だけを見れば密葬とだいたい同じだと思っていいでしょう。ただ、微妙なニュアンスの違いとして、密葬は秘密という言葉が連想されますので、少し暗い感じがします。一方、家族葬は、多くの会葬者への対応など慌しさをできるだけ避けて身内でゆっくりとお別れする、こうした意味合いで使われているように思われます。
 家族葬は規模による分類に位置づけられますので、宗教的な意味合いはありません。それゆえ、仏式であれば僧侶、キリスト教であれば牧師あるいは神父、神式あれば神職にお願いして葬儀をします。「葬儀の種類」のページで示した、葬儀施行の宗教形式の割合と変わることなく、仏式で行われることが多いようです。

 葬儀予算をあまりかけたくないという要望や、生前の本人をよく知る人だけで葬儀をしたいという要望を背景に、家族葬は増加傾向にあります。

家族葬で気を付けたい身内などへの調整

 家族葬は、ご対象者の意思や、自分だけで葬儀のやり方を決定してよい場合もありますが、家族や親族など関係者の意向を確認し調整しておいたほうがよい場合があります。

 家族葬がご本人のご意向ですと周りを説得しやすいですが、現在のところ家族(奥様・ご主人、お子様等)で決められるケースも多く見受けられます。身内でのトラブルの原因を作らないためにも、特にご本人様と血のつながりのあるご両親、兄弟、姉妹等の了解をあらかじめ得ることが大切です。身内から、「こんなやり方は許されない」と無理やり一般葬に変更させられるケースも珍しいことではありません。
 また、身内内をうまく根回し・調整したとしても、次のような問題が出てくる場合もあります。 故人の交友関係者に家族葬でお葬式をあげたことを事後報告したところ、「最期の別れをしたいのは家族も友人も同じ」 と非難され、取り返しがつかないことをしまったと自分を責める人もいます。
 そして、友人などが「なぜ知らせてくれなかったのか」となりますと、弔問客が個々にお線香を上げさせてくれと訪れて、その対応に疲れてしまうということもありえます。

 それゆえ、家族葬にする場合は、誰を呼ぶのかを慎重に決めなければなりませんし、呼ばない人へも、失礼のないような形にしたいものです。たとえば、呼ばないばかりに、「うちは、ご喪家から、そんなに軽く見られているのか」というように、あとあと感情的なしこりを残さないとも限りません。

 葬儀は一回しかできない、取り返しがつかないことですし、様々な関係がありますから慎重に考えたほうがよいと思います。葬儀予算を抑えることばかりに気をとられて、人間関係の基本的なことを忘れないよう気をつけたいものです。

よりよい家族葬にするためには、斎場と葬儀社選びも大事

 よりよい家族葬にするためのポイントは、上記のような人間関係の問題を起こさないことがもっとも大切です。そして次に大事なことは、斎場および葬儀社選びを適切に行うことです。家族葬は人はそれほど集まらないわけですから、斎場は大きい必要はありません(それゆえ祭壇もそれほど立派な必要もない)。葬儀社は、そうした斎場(および祭壇)を提案してくれ、家族葬だからといって手を抜くようなことをしないところを選ぶことが大事です。

(あえてわかりやすく、メリット・デメリットにしてみますと)
メリット
  • 一般葬よりも費用が安い。
  • 家族だけでゆっくりお別れができる。
デメリット
  • 家族以外で会葬に来たい人もいる。

当センターでの家族葬サポート事例を検索

 お葬式に慣れている人のほうが稀ですので、ご不安になられるのも無理のないことだと思います。その上、インターネットで葬儀や葬儀屋さんの情報を大量に集めても、かえって混乱し、何をどう判断すればいいの? と不安だけがさらに増してしまった・・・。
 そうした不安が少しでも解消されますようにできる限りの対応をさせていただきます。当センターでは、これまで2004年の設立以来、10年以上にわたり、3,000件を超える実際のお葬式施行をサポートしてまいりました。1件1件の相談を積み重ねた経験をもとに、具体的な心配点や不安点に対応させてもらいますので、ご安心して相談ください。ご相談の申込みは 葬儀相談 のページへ。