現在位置:トップページ葬儀の流れ

葬儀の流れ

  • 現状の葬儀においては、葬儀社選びさえ間違わなければ、葬儀社の担当者が斎場選びからご喪家がしなければならないことまで適切にアドバイスしてくれますので、葬儀の流れや葬儀の段取りについて把握したり心配する必要はありません。
  • そのためには、どのような葬儀にするのかを整理しておくことと、整理した要望に合う適切な葬儀社を選ぶということが大事です。
  • 当センターに相談後の、葬儀社選びを含めた形での葬儀までの流れの例もご参考にしてみてください。

葬儀の流れ、葬儀の段取りよりも、葬儀社選びを慎重に

  葬儀の流れや葬儀の段取りについて説明するページでは、たいてい、危篤から始まって、火葬あたりまでの流れを図入りで説明したりしています。そうしたことを説明しているホームページは様々ありますので、ここでは詳しく説明いたしません。
葬儀の流れや段取りについて調べている人の関心は、本当は、その前段階の場合が多いのではないでしょうか?

 万が一のとき何をどうすればいいのか・・、費用はどれくらいかかるものなのか・・、葬儀社や斎場はどのように決めていけばいいのか・・、事前準備はしたいけれども直接葬儀社に相談に行くのは気がすすまなない・・、こちらの不安や無知につけこまれて足元をみられるのではないか・・などです。

 まず、第一に理解しておいたほうがいいのは、現状の葬儀においては、葬儀社選びさえ間違わなければ、葬儀社の担当者が葬儀の準備・段取りからご喪家がしなければならないことまで適切にアドバイスしてくれますので、細かいところにまで気を遣い心配する必要はないということです。

 下記は、2011年に行われた経済産業省の調査結果(安心と信頼のあるライフエンディング・ステージの創出に向けた調査)ですが、「葬儀の進め方等の情報の入手方法」は、葬祭業者の人からが半数近くを占めています。この調査は、全国対象なので、都心部だけならさらに割合が高くなるものと思われます。

葬儀の流れの情報入手方法

 たしかに、かつての地域社会がしっかりしていた状況では(今も地方に行けばあるかも知れませんが)、葬儀社お任せの葬儀ではなかったので、危篤以後の葬儀の流れや、たとえば仏式での流れ、など知っておくことも大事であったでしょう。
ただ、いまは以後の流れを知っておくよりも、葬儀社選びで間違わないようにすることのほうが大事で、そのためには、どのような葬儀にするのかを整理しておくことのほうが必要です。仏式での一般葬なのか、家族葬なのか、一日葬、無宗教葬、直葬(火葬のみ)なのか・・・など。
葬儀社も様々で得意分野不得意分野があるので、整理した要望に合う適切な葬儀社を選ぶということがきわめて大事です。

  • どのような葬儀にするのか整理する
  • 整理した要望に合う適切な葬儀社を選ぶ

 について、葬儀の準備 および トップページ の項目で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてもらえればと思います。
さらには、2の段階では、複数の葬儀社を比較検討するということも大事です。その比較の仕方については、葬儀社比較の仕方 で詳細しています。

当センター相談後の、葬儀までの流れの例

 葬儀を前に、以後にやらなければならいと思う葬儀の段取りや手配のことを考えただけで不安になるかもしれません。しかし、先ほど述べましたように、葬儀社さえしっかりしたところを選べれば心配は無用です。つまり、葬儀の流れは、葬儀社の担当者が把握しており、適切に指示してくれますので、喪主や遺族の方が細かいところまで把握し心配する必要はありません。

 当センターの実際のサポート事例の中から、「事前の相談例」と「事後の相談例」を1例ずつ取り上げてみますので、葬儀社選びも含めた形での葬儀までの流れの参考にしていただければと思います。

死亡後の葬儀の流れ

ご葬儀までの流れ(実際例)
時系列 経過ポイント 内容
2日前 初回コンタクト 午前中、相談フォームよりお問い合わせ。
概算見積書作成 葬儀社紹介 お急ぎの状況でしたので、ある程度の条件で想定して、2社より見積もり。コンタクト日の午後にメール添付にて送付。

内容の確認と、家族でのお話合い。当センターへの、会葬者や心付けなどの質問、やりとり。

ご逝去 ご逝去時点 早朝、当センターに電話。
同日 葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 ご家族でのお話合いなどをもとに、事前見積もり提出社の1社に依頼する方向に。
搬送ご安置 紹介社の担当者と、直接電話でのやり取りの後、板橋区内の病院へお迎えにあがり、戸田葬祭場の安置所にてご葬儀の日までご安置。
本見積書作成 先にお渡しした概算見積書をもとに、詳細な打ち合わせ。
4/5日後 ご葬儀 舟渡斎場にて通夜・告別式、火葬は戸田葬祭場。

 この実際例は、 2014年後半に施行された東京都板橋区内の舟渡斎場での仏式の例です。詳細は、こちら

亡くなってからの流れ

ご葬儀までの流れ(実際例)
時系列 経過ポイント 内容
ご逝去 ご逝去時点 我孫子市内の病院にてご逝去

同日

初回コンタクト お電話にてご相談をいただく。
葬儀社紹介 我孫子市近辺の式場に精通している2社を口頭にてご紹介
葬儀社とのコンタクト 葬儀社決定 ご相談者が直接葬儀社にコンタクトを取り、詳細な話しをされたうえで、1社をお選びになる。
搬送ご安置 病院からご自宅へご搬送。ご自宅にてご安置。

1日後

本見積書作成 夜間の搬送だったことから、本見積の提出は翌日となる。

3日後

ご葬儀 ウイングホール柏斎場にて通夜/告別式・ご火葬

 この実際例は、 2014年後半に施行された千葉県柏市内のウイングホール柏斎場での仏式の例です。詳細は、こちら

 お葬式に慣れている人のほうが稀ですので、ご不安になられるのも無理のないことだと思います。その上、インターネットで葬儀や葬儀屋さんの情報を大量に集めても、かえって混乱し、何をどう判断すればいいの? と不安だけがさらに増してしまった・・・。
 そうした不安が少しでも解消されますようにできる限りの対応をさせていただきます。当センターでは、これまで2004年の設立以来、10年以上にわたり、3,000件を超える実際のお葬式施行をサポートしてまいりました。1件1件の相談を積み重ねた経験をもとに、具体的な心配点や不安点に対応させてもらいますので、ご安心して相談ください。ご相談の申込みは 葬儀相談 のページへ。

 サポート対応地域は、東京および神奈川、千葉、埼玉の主要都市になります。
詳細地域と斎場詳細は 東京の葬儀 神奈川の葬儀 千葉の葬儀 埼玉の葬儀 の各ページをご覧ください。