1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 葬儀費用例
  4. 実際の項目分類と記載例
  5. 会葬者20名、松戸市斎場

会葬者20名、松戸市斎場

斎場・火葬場とも、松戸市斎場(千葉県松戸市の公営斎場)。
仏式による家族葬
家族・親族で20名。

葬儀費用 666,150円。 お布施は含まれておりません。

松戸市斎場での葬儀 松戸市在住のお母様がお亡くなりになり、東京にお住まいのご長男が病院から電話をかけてきました。
  「インターネットで以前調べてそちらを知ったのですが、今、病院で母が息を引き取りました。どのようにすればよろしいでしょうか」
  後のアンケートでお聞きしたところによると、どうしても事前に相談する気持ちがおきず、もしものときは、センターに電話をしようと電話番号を書いたメモだけは持ち歩いていたということです。
  電話では、「病院から何時ごろ、お引取りにいらっしゃいますかと言われている」と慌てていましたので、まず、あわてる必要はないので落ち着くことが大事だとお伝えし、その場でご要望を整理していきました。
  その結果、1、自宅にはご安置できないので葬儀社でまず安置してもらいたい。2、会葬者は近親者だけで20名ほどにし家族葬のような形で施行したい。3、できるだけ無駄な費用がかからないようにしたい。4、松戸市内の斎場、というようになりました。
  ご要望を踏まえて葬儀社を、すぐ紹介し、直接、お話をしてもらい、その社に依頼することになりました。すぐに病院へお迎えにあがり、自社の安置所に搬送しました。ご安置後、ご長男と葬儀社の担当者は打合せに入り、斎場はそれほど待たせられることなく、2日後の松戸市斎場がおさえられ、その日程にあわせ葬儀は滞りなく施行されました。

  センターの価値がより発揮されるのは、こうした緊急の場合だと思っています。こうした場合、当センターの担当者が、どんなに当事者の方に慌てないで下さい、といっても、冷静になってもらうのはとても難しいものです。これが、病院という特殊な状況の中で頼る人がいないような場合には、なおさら、どうすればいいのかということで慌ててしまうでしょう。
  慌てて冷静でない中、そして不安な状況の中、葬儀社選びを状況の流れの中で運任せにして最悪の事態になったということもよく見聞きするところです。成り行き任せで後悔するよりも、センターはそういう状況の中でも適切な葬儀社を紹介するための仕組みをつくっていますので、費用面も含めてはるかに良い葬儀に結びつきます。

松戸市斎場での葬儀費用実例

品名 単価 数量 金額
家族葬プランセット
(花祭壇)
420,000 1式 420,000
家族葬セットに含むもの
・花祭壇 200,000
・布御寝棺 100,000
・火葬料 3,000
・そのほか、提灯、門燈セット、庭園セット、ドライアイス2回分、集骨容器、遺影写真(手札付き)、枕花、枕飾り、後飾り、受付所・焼香所、司会進行、設営費、撤去費、寝台車(病院〜当店安置所〜松戸市斎場)
斎場費(松戸市斎場)     23,000
返礼品(お茶) 2,100 17個 35,700
貸し布団 3,675 2組 7,350
お料理・お飲物   1式 148,600
喪主花 15,750 1対 31,500
       
【合計】     666,150

松戸市斎場の斎場案内は、松戸市斎場 のページになります。