きわだ斎場 (東京都国分寺市)

JR国分寺駅から比較的近く、落着いた静かなたたずまいの中でゆっくりお見送りができ、利用頻度の高い斎場のひとつです。
よりよい葬儀にするために、きわだ斎場に精通した葬儀社を選ぶことが重要です。

きわだ斎場きわだ斎場の所在地

〒185-0011 東京都国分寺市本多4−2−2
地図はこちら

きわだ斎場への交通アクセス

 JR国分寺駅北口下車。駅階段を右方向に下り、北口交番前の北口商店街を直進し、4つ目の信号(本多2丁目)を左折した20メートル程先右手です。駅から徒歩7〜8分です。
  駐車場は祥應寺前に約60台収容できます。

きわだ斎場の使用料

 式場費は社葬が370,000円、一般葬が300,000円です。両方とも全館使用(大ホール+小ホール+親族控室+導師控室他)。家族葬用(小ホール+親族控室+導師控室他)は230,000円です。」

きわだ斎場の施設案内

きわだ斎場 静かで落着いたたたずまいを見せ、JR国分寺駅より徒歩7〜8分の所にあり、駐車場が広く、利用頻度も高い斎場の一つです。
 斎場はイス席最大100名の大ホールとイス席最大60名の小ホールと遺族控室と導師控室と台所等から成っています。社葬と一般葬では両方とも全館使用ですが、外広場での大型テントが自由に張れる社葬とテントの張り具合が制限される一般葬との違いがあります。家族葬用には小ホールと遺族控室と導師控室が使われます。
 式場使用時間は片付けの時間を含めて出棺後5時間までになります。但し、15時出棺の場合は19時までになります。
 次の通夜と入れ替えがある日は初七日の精進落しを庫裏(和室20畳+20畳)で行なう場合があります。
 通夜の仮宿泊は親族控室にて、寝具3組まで用意されています。それ以上の場合は貸蒲団屋さん(控室に電話番号記載)に申し込むようになります。
 以前第2斎場として使われていた所は社葬の時のみに使用可能です。主に記帳所としてお使いになる方が多いと伺っています。」
 宗教宗派を問わず使用できます。

きわだ斎場での葬儀施行例

 葬者40名ほどの葬儀・告別式に立会いました。依頼者は故人の義弟の方でした。
  故人のお住いからは離れていますが、長年きわだ斎場近くにお住いになっていらしたので、斎場はこちらを希望されました。故人のご両親がご健在で、葬儀社の担当者との打合せに出席され、ご要望をチェックされたようです。
  ご要望の中で通夜のお泊りから愛犬を連れて行き、最後のお別れをさせたいとのことでしたが、会葬者が皆さん犬好きとは限りませんし、葬儀最中に騒がれても困りますので、説明してお断り願ったとのことでした。
  お嬢さんが留学中でしたので帰国を待ち、葬儀が丁度初七日目になりました。
  式場は祭壇間口が広く取られているので、今回のように白木祭壇で供花が少ない場合は祭壇両サイドを生花で埋める形になり、生花スロープ代としてプラスされます。
  当日は強風のため交通機関が軒並み遅れ、会葬者も式途中に駆けつける羽目になってしまったようです。
  ご焼香の後、一人娘のお嬢さんが「3年振りに帰ったがパパは柩の中。ありがとうの言葉しか言えない」もどかしさを切々と語り、会葬者の涙を誘います。お別れの儀の間、パパの顔を覗き込むようにして柩を両手で抱え込んでいらっしゃいました。
  最後、会葬者へのお礼の言葉は故人のお父さまからでした。
  「まだお話しできる心境ではございません。幼少の頃から創造性が豊かな子供でございました。絵と音楽を愛し、それを仕事にしていた息子は幸せ者でした。・・・・」ご自分達より先に旅立たれた無念さが胸に迫ります。 
  多磨斎場での火葬後はこちらに再び戻り、大広間は次の方の準備のため、祥應寺庫裏にて精進落しとなりました。

葬儀費用概略

  葬儀費・車両費 154万9585円
  火葬場諸経費 12万3050円
  式場費  27万円
  返礼品  35万700円
  料理代 30万9604円
  心づけ 4万円
  お布施 45万円
 
(斎場案内・葬儀立会い/あさがおアドバイザー・松山悦子)

 お葬式に慣れている人のほうが稀ですので、ご不安になられるのも無理のないことだと思います。その上、インターネットで葬儀や葬儀屋さんの情報を大量に集めても、かえって混乱し、何をどう判断すればいいの? と不安だけがさらに増してしまった・・・。
 そうした不安が少しでも解消されますようにできる限りの対応をさせていただきます。当センターでは、これまで2004年の設立以来、10年以上にわたり、3,000件を超える実際のお葬式施行をサポートしてまいりました。1件1件の相談を積み重ねた経験をもとに、具体的な心配点や不安点に対応させてもらいますので、ご安心して相談ください。ご相談の申込みは 葬儀相談 のページへ。

 サポート対応地域は、東京および神奈川、千葉、埼玉の主要都市になります。
詳細地域と斎場詳細は 東京の葬儀 神奈川の葬儀 千葉の葬儀 埼玉の葬儀 の各ページをご覧ください。